「出世し続ける人」と「そこそこで止まる人」にある決定的な差

成功者の考え方・行動には「強運力」という共通するベースがあり、スピリチュアル的な「運がいい」と自分でつかみ取る「運が強い」はまったく異なるものだ。…そう唱えるのは、株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役の安田正氏。同氏の書籍『超一流の強運力』(ポプラ社)より一部を編集・抜粋して解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

困ってたら誰かが助けてくれる人の特徴

・社会の基本的なルールを身につけている

 

誰かから「あれ、どうなりました?」と聞かれたら、それは「報連相」が足りていない証拠。人から言われてはいけないフレーズです。そもそも報連相は、仕事において本当に重要な事柄です。なぜなら、この報連相によって

 

「この人はこのことをしっかり理解できている」

「この人にこの業務を任せられそう」

「この人はちゃんと物事を進めてくれる」

「この人はこのことの重要性をわかっている」

 

と、信頼関係が築かれていくからです。それが、ほんのわずかな連絡や報告であっても、

 

「この仕事は×日に終わります」

「了解しました」

「三日ほど遅れそうです」

 

という報連相の中には、とても大きな信頼が隠れているのです。これができていると、「ああ、この人はこういう些細なことの重要性をわかっている。それだったら何か手を貸そう」という気持ちになるわけです。

 

つい最近も、ある二人の方を知人の会社に推薦しました。すると、一人からは面談のたびに報告の電話があるのですが、もう一人からは何の連絡もありません。どちらも良いところがあるから推薦したのですが、最終的にどちらをプッシュしたくなるかはわかるでしょう。

 

「善意の第三者」にもこうした人情がありますから、報連相は大切です。いくら素直であっても、努力していても、報連相ができていないのは大きな損失だということを心に留めておいてください。

 

・感謝する

 

これも当たり前のことですが、心の中で感謝していてもダメです。必ず声や行為で示しましょう。というのも、私が驚くのは人を紹介しても、お礼を言ってこない人が案外多いということです。私の感覚だと信じられません。

 

私は仕事などの紹介をいただいたら、そのときに報告を兼ねてお礼を言うのはもちろん、その後も紹介された人と会ったときなど、すぐに紹介者の方に進捗の電話をします。

 

会う回数が多かったら毎回ではないですが、ある程度の結果が出たら必ずお礼を伝え、食事などで感謝の気持ちを伝えます。これは若い頃からそうしていました。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授 

1990年に、法人向け研修会社パンネーションズを設立。対人対応トレーニング、交渉術、ロジカルコミュニケーション、プレゼンテーションなどのビジネスコミュニケーションの領域で、官公庁、上場企業を中心に1700の団体での講師、コンサルタントとして指導実績を持つ。また、早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授のほか、東京大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。著書に、累計87万部を超える大ベストセラー『超一流の雑談力』(文響社)シリーズほか

著者紹介

連載運が「強い」超一流の人間になるために

超一流の強運力

超一流の強運力

安田 正

株式会社ポプラ社

88万部超「超一流の雑談力」の著者が、 「運」の持つ計り知れない力を 実体験やデータをもとに初めて明かします。 成功者の考え方・行動には、 「強運力」という共通するベースがあった! 「運がいい」と「運が強い」…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧