努力を続けられる人とそうでない人…「習慣」に出る決定的な差

成功者の考え方・行動には「強運力」という共通するベースがあり、スピリチュアル的な「運がいい」と自分でつかみ取る「運が強い」はまったく異なるものだ。…そう唱えるのは、株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役の安田正氏。同氏の書籍『超一流の強運力』(ポプラ社)より一部を編集・抜粋して解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

地道な努力を続けるためのマインド、一言で表すなら?

社会人二年目の頃、仕事が順調になり、貯金も着実に殖えていったのですが、その裏で自律神経の不調に悩まされ、毎日、原因不明の吐き気に襲われていました。とにかく、仕事をするのが精一杯。休みの日に出かけたとしても「いつ、吐き気に襲われるか」と心配で、とても楽しむ気持ちになれませんでした。

 

仕事終わりの飲み会にも行けませんでした。私の二十代から三十代前半にかけては、体調不良が原因で、本当に苦しい時代でした。もっと楽しいことで若い時代を謳歌したかった、というのが本音なのです。

 

その後も、会社を経営し始めたものの、苦しいことの連続でした。資金繰りや社員のマネジメントなど、ほとんど思い通りにいきません。何度もやめようと思いました。これまでに夢の多くが叶いましたが、叶うまでのプロセスは、そうした困難の連続でした。強運になるプロセスには、苦労や地道な努力が欠かせないというのが現実です。

 

そんな困難に遭いながらも、努力を続け、夢を諦めないからこそ強運になれるのです。つまり「強運になる」とは、いかに諦めずに「夢」への情熱を燃やし続けられるか、ということになります。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

人間ですから、時にくじけそうになったり、焦ったりするのは当然です。そんなときにも転んでは立ち上がり、落ち込んでは這い上がり、を繰り返せるでしょうか? それができるかどうかは、全て「マインド」にかかっているのです。強運になるにはマインドをどのように保ったらいいのか、を具体的に紹介していきましょう。

 

強運になるためのマインド、それを一言で表すなら、自分を「ご機嫌」に保つことです。自分がニコニコしていられるように、思わず鼻歌が出るくらい軽快な気持ちでいられるように、「よし! やるぞ!」と思えるようになるにはどうしたらいいか、をよく知っておくことです。

 

あなたは自分が「ご機嫌」になるには、どうしたらいいか知っていますか? そもそも、あなたはいつも「ご機嫌」でしょうか? たとえば、私が「貯金の鬼」になって、土日に副業の家庭教師にいそしんでいた頃のことです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授 

1990年に、法人向け研修会社パンネーションズを設立。対人対応トレーニング、交渉術、ロジカルコミュニケーション、プレゼンテーションなどのビジネスコミュニケーションの領域で、官公庁、上場企業を中心に1700の団体での講師、コンサルタントとして指導実績を持つ。また、早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授のほか、東京大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。著書に、累計87万部を超える大ベストセラー『超一流の雑談力』(文響社)シリーズほか

著者紹介

連載運が「強い」超一流の人間になるために

超一流の強運力

超一流の強運力

安田 正

株式会社ポプラ社

88万部超「超一流の雑談力」の著者が、 「運」の持つ計り知れない力を 実体験やデータをもとに初めて明かします。 成功者の考え方・行動には、 「強運力」という共通するベースがあった! 「運がいい」と「運が強い」…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!