米国株投資のキホン…売買単位・取引時間・投資先企業の選択肢

米国株取引では、株の売買単位や取引時間のほか、米国以外の企業への投資を可能にするADRという金融商品など、知っておくべきポイントが複数あります。マネー誌への執筆を中心に活躍するライター・安恒理氏が平易に解説します。※本記事は、『はじめての米国株1年生』(明日香出版社)から一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

日本株と違うのが「売買単位」「ティッカーシンボル」

米国株が日本株と大きく違うのが「売買単位」です。

 

日本株は最低売買単位が100株となっていますが、米国株は1株から購入できるようになっています。そのため比較的低予算で購入できる銘柄が多くそろっているのです。

 

 

銘柄の注文は、銘柄名を入力するか、ティッカーシンボル(以下、ティッカー)で入力すると便利です。ティッカーとは、銘柄名を短縮したアルファベット表記です(下記図表参照)。

 

日本の上場企業に割り振られている4ケタの数字、証券コードに相当します(会社ごとの背番号のようなものと思ってください)。

 

注文方法は「成行注文」と「指値注文」の2種類

注文方法には大きく分けて「成行(なりゆき)注文」と「指値(さしね)注文」の2つがあります。

 

成行注文は、注文時点での価格で売買します。ただし注文した時点から約定(やくじょう)するまでわずかなタイムラグがあるため、注文時の価格で売買できるとは限りません。

 

 

これに対し、指値注文は価格を指定した上で注文を出します。買いのときであれば、その指定した価格以上の値段で注文が成立することはありません※1

 

※1 たとえば株価が101ドルの銘柄を100ドルの指値で注文したとしましょう。この場合は、株価が100ドル以下にならない限り買いは成立しません。

 

 

確実に購入したいのであれば、成行注文、高値で購入したくなければ指値注文で注文します。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

オフィスミックスナッツ代表
現代ビジネス兵法研究会 

1959年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部国文学科卒業。出版社に勤務。月刊誌の編集に携わった後、ライターとして独立。マネー誌への執筆を中心に、投資、ビジネス、歴史、スポーツ、サブカルチャーなど幅広い分野で執筆活動を行う。主な著書に『いちばんカンタン!株の超入門書』、『いちばんカンタン!FXの超入門書』(高橋書店)、『図でわかる株のチャート入門』(フォレスト出版)、『「孫子兵法」のことがマンガで3時間でマスターできる本』(共著、明日香出版社)ほか多数。

著者紹介

連載投資初心者のための「米国株投資」のキホン

はじめての米国株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本

はじめての米国株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本

安恒 理

明日香出版社

この10年で進んだIT化の影響で、気づけば私たちの生活は明けても暮れても米国企業にどっぷり染まった生活になりました。 スマートフォンやパソコンはもちろん、ネットの買い物や街のカフェ・ファーストフード、調べ物の検索…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧