「直葬にしてくれ」…亡父の願いを聞いた長男に、訪れた悲劇【終活スペシャリストの実録】

日本人の平均寿命は延び続け、世界でも有数の長寿大国となりました。自身の「人生の締めくくり」について考える重要性が高まり続けています。「終活」にまつわるトラブルの実例とその解決策を「終活スペシャリスト」が詳しく解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

大切な家族につらい思いをさせない「事前準備」を

終活準備が足りていないと、どのようなトラブルが起こり得るのか、『「父に延命治療の希望を聞いておけば…」娘が抱く終活への後悔』『父の死に、内心「助かった」とほくそ笑んだ娘の悲劇【終活スペシャリストの実録】』に引き続き、具体例と予防策を見ていきましょう。大切な家族につらい思いをさせないためにも、必要な準備があるはずです。

 

●ケース1 「直葬の流れを調べておけばよかった!」

 

E男さんの父親の口癖は「俺の葬儀には金をかけなくていい。見栄なんか張らなくていいから、死んだら直葬にして、焼き場で家族だけで見送ってくれ」でした。75歳を目前にしたある日、父親は脳梗塞で倒れそのまま他界してしまいました。事後のいっさいは長男であるE男さんが取り仕切ることになり、本人の希望を叶えて直葬にしてあげたいと思いました。

 

直葬は葬儀や告別式を行わない葬儀だと、このとき初めてE男さんは知りました。自家用車で遺体を搬送することになりましたが、病院から「ご遺体をどちらに搬送されますか」と聞かれても、遺体をどこに安置すべきなのか、判断がつきません。父親が一人で住んでいた家はどの部屋もものが溢れています。布団を敷いて遺体を安置するのにふさわしい場所とはいえなそうです。

 

なにもかも葬儀社にお任せのケースとは異なり、お棺も自分で準備しなければならず、お棺に入った父親の遺体をどうやって火葬場に運ぶのかといった問題も出てきます。遺体が傷まないようドライアイスの手配も必要になります。

 

また、自治体に死亡届を出さないことにはそもそも火葬ができません。火葬場の予約も必要です。こんなになにもかも自分でしなければならないとは思ってもいませんでした。火葬場に連絡したところ、最近は亡くなる人が多くて空きがなく早くても4日後になると言われてしまいました。

 

とても直葬をすることはできないと感じたE男さんは、結局葬儀社に依頼し、シンプルなコースで父を見送ったそうです。父親が直葬にしてほしいと言ったときに、直葬について一緒に調べておけばよかったとE男さんは後悔したそうです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

◆覚えておきたいトラブル防止策◆

 

最近、従来の葬儀のスタイルが崩れ、シンプルな葬儀を望む方が増えてきています。今後もその傾向は続くことが予想されますが、葬儀のすべてを自力で行う「直葬」をやろうとすると非常な労力がいることに多くの人は気づいていないようです。

 

人が一人亡くなるというのは大変なことで、死亡届を出したり、遺体を搬送したり、火葬場を予約したりと短時間にしなければいけないこと、決めなければならないことが押し寄せてきます。葬儀社に頼めば全部うまく段取りをしてくれますから、喪主が動く必要はありません。

 

もし直葬を望むのであれば、なにをどうするか、どういう段取りで葬儀を行うのかを喪主となるであろう家族と生前によく話し合っておいたほうがいいでしょう。さもないとE男さんのように、喪主は「直葬」を断念してしまうかもしれません。いまは葬儀社に「直葬コース」を設けているところもありますから、パンフレットを取り寄せるなどして情報を集めておくようにしましょう。

 

自分の人生の締めくくりは、できれば自分で決めたいものです。自分がどういう葬儀を望んでいるのか、そのために自分が亡くなったとき、どういう葬儀社に頼みたいのか、あるいは頼まずに全部遺族にやってほしいのか、葬儀のためのお金はどこから出すつもりなのか、身近な人に伝えて準備をしておくようにするといいでしょう。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

一般社団法人終活協議会 代表理事
終活スペシャリスト

1969年生まれ、大阪出身。2012年にテレビで放送された特集番組を見て、興味本位で終活をスタートするも、初めて買ったエンディングノートは、書き始めてから3日で挫折。
その実体験から自分の考えや希望を整理して伝え残すことの難しさや、終活に関わる問題を相談する場所がないことに気づく。

終活に必要な知識やお役立ち情報を終活専門ブログで発信するが、全国から寄せられる相談の対応に個人での限界を感じ、自分以外にも終活の専門家(終活スペシャリスト)を増やすことを決意。現在は、終活ガイドという資格を通じて、終活スペシャリストを育成すると同時に、終活ガイドの皆さんが活動する基盤づくりを全国展開中。

著者紹介

連載生涯現役・地域貢献を叶える「終活スペシャリスト」のススメ

収入になる!地域貢献になる!周りの人のためになる!終活スペシャリストになろう

収入になる!地域貢献になる!周りの人のためになる!終活スペシャリストになろう

竹内 義彦

幻冬舎MC

最後まで自分らしくより良く生きるための日々の活動である終活に、今、注目が集まっています。 終活で行うべきことは多岐にわたり、一人ひとり異なります。老後に起こるさまざまな問題に対して、自力でもれなく準備をするの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!