製品でも技術でもない…ホンダを世界企業にした「真の立役者」

エンジェル投資家(これから事業を始めようとする起業家に対して出資を行う個人投資家)の坂元康宏氏は、「日本の会社員はあと10年で滅びる」と主張しており、起業の重要性について説いています。今回は創業間もない企業にとって最も大切なことはなにか、見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

1989年の世界時価総額ランキング結果から見えること

1989年(平成元年)の「世界時価総額ランキング」上位に入った日本企業を見ると、銀行や電力会社などが多いのが目につきます。32社のうち12社が銀行、3社が電力会社、2社が証券会社、損害保険会社と不動産会社が1社ずつ入っています。

 

要は日本経済が”バブル状態“にあって、そうした会社の持つ資産(現預金・株券や不動産)評価額が時価総額を押し上げたのです。

 

「なあんだ」と思われるかもしれませんが、この時代の日本企業は(資産評価額を差し引いても)確かに世界から、羨望の眼差しを向けられていました。

 

トヨタ、ホンダ、日産、ヤマハ、スズキ、カワサキ、パナソニック、三菱、東芝、日立、NEC、富士通、ソニー、ニコン、キヤノン、ブリヂストン、富士フイルム、シャープ、オリンパス、任天堂……etc.枚挙にいとまがありませんが、その当時の日本企業(とくに製造業)は、その品質の高さとブランドで間違いなく世界をリードしていました。

 

これらの企業が世界経済のスターダムにのし上がり、当時の確固たるブランド力を築いたのは「高度経済成長期」に果敢に挑戦したからでした。

 

先に挙げた日本の企業群は創業年代こそまちまちで、中には戦前に創業した企業もありますが、敗戦によって多くの企業が”リセット”に近い再出発を余儀なくされています。

ベンチャー企業だったホンダの挑戦を後押ししたのは…

例えばソニーは、1946年(昭和21年)に創始者の井深大と盛田昭夫が資本金19万円で興した「東京通信機」が始まりです。当初は従業員の給与支払いさえもままならない綱渡りの経営でしたが、資産家だった盛田の父(愛知県知多半島で350年以上の歴史がある造り酒屋の14代目、盛田久左衛門)が名古屋の土地を売って資本金を出したことで資金を得て、日本初のテープレコーダーを開発しました。

 

ホンダはソニーと同じ1946年(昭和21年)、本田宗一郎が仲間を集めて設立した本田技術研究所が前身です。自転車に小さな燃料タンクと補助エンジンを付けるアイデアを基に試作を重ね、翌年に手持ちの自転車に後付けできる動力キット「Honda A型」を完成。この成功を基に1948年(昭和23年)に本田技研工業が誕生しました。資本金100万円、従業員は20人だったといいます。

 

ちなみにその4年後の1952年(昭和27年)、第2次増資で資本金を600万円にした年に、ホンダは世界に打って出るため総額4億5000万円もかけて当時最新鋭の外国製工作機械を購入する計画を立て、実現してしまいます。

 

この無謀とも言える資金を融通したのは、三菱銀行であったそうです。銀行がベンチャー企業にこれだけ大胆な投資をしていた時代があったことに驚きを隠せません。三菱銀行の流れを汲む三菱UFJ銀行は、今日でもホンダのメインバンクです。

 

当時ベンチャー企業だったホンダに…(画像はイメージです/PIXTA)
当時ベンチャー企業だったホンダに…(画像はイメージです/PIXTA)

企業の成長には挑戦を支えた資金調達ストーリーがある

こうした企業の創業秘話/開発ストーリーは、たくさん書籍も出ていますし、企業のHPに載っていたりもします。

 

読んでみると戦後から高度経済成長期の日本企業が「世界に追いつけ、追い越せ」と切磋琢磨しながら、日々たゆまぬ努力を重ね、挑戦していたことが分かります。そして(これはあまり知られていないことでもありますが)、その挑戦を後押しする資金がどこかしらから出ていたのです。

 

先に述べたソニーの場合は盛田久左衛門ですし、ホンダの場合は三菱銀行でした。なぜここで資金調達の話を持ち出したかというと、起業から創業当初の経営とはすなわち資金調達がすべてだからです。

 

株式会社myコンサルティング 代表取締役
エンジェル投資家

1972年生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒。内装施工会社の本社経理勤務を経て大手投資顧問会社の役員を歴任、2014年4月に独立。日本をベースとして、韓国、ニュージーランド、モンゴル、フィリピンなどでビジネスを展開している。韓国国内外の有望なベンチャー企業に投融資を行なう韓国法人をビジネスパートナーと共同で設立。IPO及びICO案件の発掘、デューデリジェンスを手掛ける。資産家、企業経営者、サラリーマン、主婦に至るまで幅広い層の顧客を持っており、投資顧問会社の役員時代に培った豊富な経験を生かし、お客様一人ひとりのニーズを徹底的に追求したコンサルティングには定評がある。将来の夢は、「自分が関わる企業や人を通じて、ICOまたはIPOを実現し、雇用の創出をすること」である。

著者紹介

連載起業するなら「エンジェル投資家」を口説きなさい

※本連載では坂元氏が成功する起業家の特徴や、「エンジェル投資家」について解説していきます。

起業するなら「エンジェル投資家」を口説きなさい

起業するなら「エンジェル投資家」を口説きなさい

坂元 康宏

幻冬舎メディアコンサルティング

海外の若手起業家にとって当然の存在でありながら、日本ではほとんど認知されていないエンジェル投資家。若手起業家の元へ足繁く通い、ハンズオンしてきた著者だから見えた成功者の共通点とは。投資家として、起業家として、エ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧