コロナ禍、働き方に変化…「正社員は安心」という常識の崩壊

エンジェル投資家(これから事業を始めようとする起業家に対して出資を行う個人投資家)の坂元康宏氏は、「日本の会社員はあと10年で滅びる」と主張しており、起業の重要性について説いています。今回は企業から見た「正社員への考え方の変化」について見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

会社員が当たり前に給与収入を得られる時代は終わる!?

コロナ禍で私たちが思い知ったのは、個人の才能や努力だけでは絶対に抗えない理由で、ある日突然収入が断たれてしまうことがある、という残酷な現実です。

 

腕利きのシェフがどんなに工夫を凝らして新しいメニューを開発しても、ロックダウンで外出禁止令が出てはどうしようもありません。経験を積んだベテランパイロットも、定期航空便が軒並み欠航になってしまっては活躍の場がありません。

 

これだけを見ると「やっぱり身分が保証されているサラリーマンがいい」と思われるかもしれませんが、もしそうした考えを持たれているなら相当に甘いと言わざるを得ません。

 

「サラリーマンが安心」という考えは甘い(画像はイメージです/PIXTA)
「サラリーマンが安心」な時代は終わった…(画像はイメージです/PIXTA)

「押印が必要だからテレワークは無理」は間違っていた

コロナ禍で多くの企業は程度の差こそあれ、社員の自宅勤務(テレワーク)を実施しました。それまでも「働き方改革」と称して政府が熱心に導入を推奨してきたものの遅々として進まなかったものが、わずか3カ月であっという間に広まりました。

 

必要に迫られれば何とかなるもので、テレワークで大混乱を招いたとか導入できずに業務を諦めたといった話はほとんど聞きません。

 

以前は「押印が必要だからテレワークは無理」という理由がまかり通っていましたが、菅政権が誕生してデジタル化推進の方針が決まると、省庁や自治体が雪崩を打って脱はんこに動き出し、9割以上の行政文書がはんこ不要になる見込みが立ちました。

 

世の中が大きく動くとき、変革の波は一気に来ます。そうすると「通勤電車に乗って会社に集まり、社員一同がオフィスで一緒に仕事をする」というこれまでの当たり前が、当たり前ではなくなります。

「出社していること」は、評価基準ではなくなっている

多くの職場で成果報酬制が導入されているとはいえ、依然「出社していること」が評価基準のベースにありました。

 

ところがテレワークになると、画面の向こうにいる社員が本当に仕事をしているのか、サボっているのかが明確に判断できません。というよりも「出社」がなくなっているわけですから、必然的に評価基準は「その社員がどれだけの成果を上げたか」しかなくなります。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社myコンサルティング 代表取締役
エンジェル投資家

1972年生まれ。埼玉大学教養学部教養学科卒。内装施工会社の本社経理勤務を経て大手投資顧問会社の役員を歴任、2014年4月に独立。日本をベースとして、韓国、ニュージーランド、モンゴル、フィリピンなどでビジネスを展開している。韓国国内外の有望なベンチャー企業に投融資を行なう韓国法人をビジネスパートナーと共同で設立。IPO及びICO案件の発掘、デューデリジェンスを手掛ける。資産家、企業経営者、サラリーマン、主婦に至るまで幅広い層の顧客を持っており、投資顧問会社の役員時代に培った豊富な経験を生かし、お客様一人ひとりのニーズを徹底的に追求したコンサルティングには定評がある。将来の夢は、「自分が関わる企業や人を通じて、ICOまたはIPOを実現し、雇用の創出をすること」である。

著者紹介

連載起業するなら「エンジェル投資家」を口説きなさい

※本連載では坂元氏が成功する起業家の特徴や、「エンジェル投資家」について解説していきます。

起業するなら「エンジェル投資家」を口説きなさい

起業するなら「エンジェル投資家」を口説きなさい

坂元 康宏

幻冬舎メディアコンサルティング

海外の若手起業家にとって当然の存在でありながら、日本ではほとんど認知されていないエンジェル投資家。若手起業家の元へ足繁く通い、ハンズオンしてきた著者だから見えた成功者の共通点とは。投資家として、起業家として、エ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!