恐ろしい…「一日1万歩ウォーキングしましょう!」の落とし穴

整形外科医の片岡泰文氏は書籍『治療の痛みは喜びの涙 ある整形外科医の言いたい放題』のなかで、間違いだらけの健康常識に警鐘を鳴らしています。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

 

「一日1万歩を目指そう」の恐ろしさ

■無理は負のスパイラルを生む

 

テレビなどで紹介している健康法にも、悪知識がまん延している。一番の典型とされるのが、ウォーキングで「一日1万歩を目指そう」や「1時間の早歩き」。老人に若者と同じようなことをさせようとするなんて、全くありえない。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

統計では、健康な年代で且(か)つ働いている人の一日の歩数がだいたい1万歩。しかも、これは都会に住んでいる人で、歩き方も田舎の人に比べると、とても速い。都会の健康人が一日かけてやっと1万歩なのを、「朝から1万歩」「1時間歩こう」と張り切っている人の中には、朝起きて無理に歩いて疲れ、本格的に昼寝をする人も結構いる。

 

すると夕方、元気になってまた歩く。人間の体は、体温が上がると朝のスイッチが入る。夕方にスイッチを入れてしまうと、夜中は昼。夜に運動をする人は不眠症になりがちで、そして病院に行って薬をもらう。負のスパイラルだ。生活のリズムがむちゃくちゃに乱れる。ウォーキングするなら、朝の15分から最長30分程度。30分以上歩くと、ろくなことがない。

 

■ブームに騙(だま)されるな

 

ブームもある程度浸透すると、当初、強調していたことと話が変わってきている。例えば、ウォーキングは「1万歩」や「1時間の早歩き」なんてのを推奨していた。最近はテレビでも「5、6千歩」なんて言い始めているが、 少し考えれば分かること。一日1万歩なんて普通の人には無理だ。ましてや早歩きなんて、年寄りにはケガを引き寄せる要因になる。治療において、健康自慢の人やスポーツ選手の健康法を指導することは愚の骨頂。

「楽で気持ちいいサポーター」の落とし穴

■サポーターは個々に合ったものを

 

サポーター選びにも注意が必要だ。特に、スポーツ用サポーターと治療用サポーターでは、目的や効果が真逆の設定になっているものもある。治療用サポーターというのは動きに制限をかけ、膝(ひざ)とか肘(ひじ)とか、痛む箇所が簡単に曲がらないよう動きを邪魔する。痛いところを動かないようにするのが一般的だ。

 

ところが、今、テレビなんかで販売されているサポーターの中には、ストレッチ機能を持つ、いかにも曲げやすく作られているものがある。

 

「手当て」という表現があるが、痛む場所に手を当てると、痛みが引いているという感覚になる。湿布などにも同じようなことがいえて、痛いところに何か当たっているだけで、痛みが緩和されて治ったような気になる。本当は治っていないのに、痛みを少し抑えて動きやすくなると、それまで痛がって用心していた人が、そうしたサポーターを着けることで痛かったところを動かし、それで改善に向かうというメリットもある。

 

ただし、人によっては、動かさなくていいものを動かし過ぎて、悪化する人もいる。個人によって違いがあるのだ。値段の高いサポーターが、いいサポーターと思い込んでいる人も多いが、正解ではない。その症状、個人に合ったサポーターを選ばなければいけない。

 

■サポーターは楽だけど

 

サポーターを着けておくと、「楽だ」「気持ちがいい」と言う人もいる。でも、着けっぱなしの状態は良くない。スポーツ用のサポーターを着けている年寄りを見ることが多いが、スポーツ用は部位を伸ばすんじゃなくて、曲げるほうに力が働く。だから、これを着けた年寄りは、膝を曲げたまま、そのまま歩いてしまう。歩きやすいけど、膝が伸びなくなる。悪い格好でも歩ける道具に成り下がっているのだ。治療して治すという考えじゃなく、ただ単に楽にするという選択をしている。

 

*****************************

片岡 泰文

整形外科医

昭和57年3月 福岡大学医学部卒業、熊本大学麻酔科入局

昭和58年 熊本市民病院麻酔科勤務

昭和59年 熊本大学整形外科入局

昭和60年 熊本労災病院整形外科勤務

昭和61年 水俣市立湯之児病院整形外科勤務

昭和62年 国立熊本病院整形外科勤務

昭和63年~平成4年 熊本大学病院整形外科文部教官(助手)

平成5年 熊本赤十字病院整形外科勤務

平成5年12月20日 片岡整形外科開業

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/25開催】マレーシア・新ランドマーク 『THE SAIL』~5つ星ホテル投資の全貌

 

※ 【9/25開催】\相続税対策/不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ、情報解禁!

 

 9-10月開催のセミナー 

※ 【9/15開催】関東在住or不動産オーナー必見…相続税を減らす「生前の不動産対策」

 

※ 【9/17開催】最長19年家賃収益保証+買取オプション付マレーシア「5つ星ホテル投資」

 

※ 【9/18開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

※ 【9/18開催】1棟アパート投資で「利回り20%/売却益2千万」獲得!

 

※ 【9/24開催】10年・年10%利回り保証「ベトナム・5つ星スパリゾートホテル投資」

 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『治療の痛みは喜びの涙 ある整形外科医の言いたい放題』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧