お坊さんに100万円は包みすぎ?葬儀・法事の「お布施の相場」

葬儀や法事のときに気になることの一つである「お布施はいくら包めばよいか?」。お布施は読経や戒名に対するお礼ととらえがちですが、本来は僧侶を通じて本尊にお供えするものです。そのため決まった金額というものはありません。しかし、お寺や僧侶とのお付き合いは長期間にわたって続くため、お布施はお互いに納得できる金額を渡したいものです。そこで今回はお布施の相場に焦点を当てていきます。さらにお布施と相続税との関係についても解説していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

いくら包めばいい?葬儀・法事ごとの「お布施の相場」

僧侶にお布施を渡すのは葬儀のときだけではありません。初七日以降の法要や納骨、年忌法要など故人を弔う儀式を行うたびにお布施を渡します。葬儀のお布施は特に高額ですが、それ以外の法要でも内容に応じてお布施の相場は異なります。

 

お布施は葬儀や法要が終わったときに僧侶に手渡します。お布施のほか、お車代や御膳料を渡すこともあります。

 

葬儀のときは何かと大変だから、あらかじめ相場を知っておきたい(※写真はイメージです/PIXTA)
葬儀のときは何かと大変だから、あらかじめ相場を知っておきたい(※写真はイメージです/PIXTA)

 

【葬儀のお布施】

葬儀のお布施の相場:20~50万円(さらに高額になる場合もあり)

 

葬儀のお布施は、読経料と戒名料が含まれるため他の法要に比べて高額になります。

 

お布施の相場は一般的な葬儀では20~50万円ですが、地域によって変わることがあります。規模の大きな葬儀では複数の僧侶にお願いすることもありますが、その場合はお布施を多く包みます。お通夜を行わない一日葬では15~25万円、お葬式を行わずに火葬だけをする直葬では5~15万円程度が相場とされています。

 

戒名は、生前の社会的地位やお寺への貢献度などを考慮していくつかの位に分けられることが一般的です。本来はお布施の金額で位が決まるものではありませんが、金額でランク付けされているのが実情です。位の高い戒名であれば戒名料だけで100万円を超えるケースもあります。

 

【初七日~四十九日法要のお布施】

初七日~四十九日法要のお布施の相場:3~5万円

 

葬儀が終わると、初七日から四十九日まで七日ごとに法要を行います。ただし、最近は告別式・火葬に続けて初七日法要を繰り上げて行い、その後は四十九日法要だけ行うことも多くなっています。

 

初七日から四十九日法要のお布施の相場は3~5万円です。百箇日法要を行う場合もお布施は同程度の金額が渡されています。

 

【納骨式のお布施】

納骨式のお布施の相場:1~5万円

 

お骨をお墓に納める納骨式はいつ行うという決まりはありませんが、すでにお墓がある場合は四十九日法要が終わったあとに行うことが一般的です。新しくお墓を建てる場合は、百箇日や一周忌の頃に行う場合もあります。

 

【お盆・彼岸・年忌法要などのお布施】

納骨式が終わった後もお盆、彼岸、年忌法要など故人を弔う法要は続きます。これらの法要のお布施の相場はおおむね以下のとおりです。

 

初盆(新盆)の法要:3~5万円

2年目以降のお盆の法要:5,000円~1万円

彼岸の法要:3~5万円(個別法要)、3,000円~1万円(合同法要)

 

四十九日法要を過ぎてから初めて迎えるお盆を初盆または新盆と呼びます。初盆の法要は親族を招いて大きな式にすることが多いため、お布施も多めになります。

彼岸の法要は、自宅で個別に行うほかお寺で合同法要を行う場合もあります。自宅で個別に行う場合は3~5万円、合同法要に参列する場合は3,000円~1万円が目安とされています。

 

一周忌法要:3~5万円

三回忌以降の法要:1~5万円

月参り:3,000円~1万円

祥月命日の法要:5,000円~1万円

 

亡くなった1年後の祥月命日には一周忌法要を行います。その後は亡くなった2年後に行う三回忌をはじめ、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌など法要が続きます。三十三回忌で弔い上げとすることが多いですが、五十回忌まで行うこともあります。

 

亡くなってからしばらくの間は月命日ごとに月参りを行い、年忌法要がない年の祥月命日にも法要を行うことがあります。これらの法要をどれぐらいの頻度でいつまで続けるかについては、親戚や檀家総代の意見も参考に決めるとよいでしょう。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

相続税を専門に取り扱う珍しい税理士事務所。年間1,500件(累計7,000件以上)を超える相続税申告実績は税理士業界でもトップクラスを誇り、中小企業オーナー、医師、地主、会社役員、資産家の顧客層を中心に、低価格で質の高い相続税申告サービスやオーダーメイドの生前対策提案等を行なっている。各種メディアやマスコミから取材実績多数有り(※写真は代表社員 荒巻善宏氏)。

税理士法人チェスター http://chester-tax.com

著者紹介

連載専門の税理士が解説~すぐに役立つ「相続税対策」実践講座

本連載は、税理士法人チェスターが運営する「税理士が教える相続税の知識」内の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧