新築マンション一戸の投資から始めて安定的に資産を築く方法

前回は、4年以内に医師が資産10億円を築く方法を取り上げました。今回は、リスクが小さいプランとして、新築マンションの区分所有で資産10億円を築く方法を見ていきます。

新築物件は空室・売却リスクが低い

前回に引き続き、資産10億円を築くための具体的な実現プランを見ていきます。今回は、3つ目のプランについてです。

 

最もリスクが小さい新築マンション1戸の5年プラン

経験上、前回紹介した2つのプランは非常に現実的で、どちらも成功の可能性は高いといえます。それでも億単位の運用は怖い―いくら理詰めの話を聞いても、この気持ちを変えられない人もいるでしょう。筆者も不動産業界で数多くの実績を収めていなければ、そう思うかもしれません。

 

ならば、もっともリスクの小さいプランとして、最初に新築マンション1戸の区分所有をお勧めします。なぜ新築なのかと言えば、なんといっても空室リスクが低いからです。不動産運用において一番怖いのは空室です。まして区分所有なら、当然ながら空室が出た段階で収入はゼロ。ローンは勤務医の給与から払うことになってしまいます。

 

ところが新築物件に関しては、不動産業界でも「新築プレミアム」と呼ばれるなど、よほど立地や間取りが悪くない限り空室に悩まされることはありません。「スーモ」などの不動産ポータルサイトでは、検索条件に必ず「新築」とあるのも、こだわる人が多いためです。どんなにいい物件でも空室の可能性をゼロにすることはできませんが、限りなくゼロにするには新築であることが必須条件と言えます。

 

さらに新築で購入すれば、売却を検討することになっても比較的スムーズに買主を見つけることができます。マンションの売り時は築20年までです。築浅で購入すればそれだけ売れる期間が長くなり、資産運用の選択肢が広がるわけです。

1戸所有でも税効果を合わせると十分な収益を得られる

1戸だけでは節税効果に不安を覚える人もいるでしょうが、十分に効果は得られます。例として、先日、ある年収1500万円のドクターが購入した新築物件を紹介します。

 

この物件は都内にあるマンションの1室で、以下のようなスペックでした。

 

(物件のスペック)

専有面積:55㎡

間取り:1LDK

最寄り駅からの距離:徒歩3分

価格:4800万円(諸経費180万円を合わせて合計4980万円)

 

彼は自己資金3180万円を頭金として、残りの1800万円をローンで支払うことにしました。家賃は16万8000円です。毎月の収支は以下のようになります。

 

(支出)

ローン返済額:10万1000円

管理費:8000円

管理委託料:3500円

支払い合計額:11万2500円

 

(収支内訳)

16万8000円(家賃収入)−11万2500円(支払い合計額)=5万5500円

 

毎月5万5500円、年間66万6000円の黒字となります。まずは純粋に資産運用として成功していることが分かります。さらにローンの金利や減価償却費、登記代、火災保険料物件などを医師としての給与と合算することで戻る税金は以下の額でした。

 

(税金還付)

所得税還付:49万3000円

住民税減額:15万1000円

合計:64万4000円

 

これにより、1年目の運用の合計額は以下の金額になりました。

 

(収支内訳)

66万6000円(年間家賃収入)+64万4000円(税金還付金)=131万円

 

たとえ1戸といえども新築マンションを購入すれば、収益で年間60万円以上、さらに節税でも60万円以上と、合計約130万円の収益が見込めるのです。

 

もし、一棟買いに抵抗を感じるようであれば、最初はこのように新築マンションの区分所有物件を購入してください。思いのほか簡単に収益が上がり、さらに節税効果も実感できるはずです。

5年後に資産10億円を築いた実例

筆者のクライアントのうち、このパターンで不動産運用をはじめたドクターの多くは、以下ようなパターンで5年後に資産10億円に到達しています。

 

2年目 新築マンション5戸(合計資産額2億5000万円)

3年目 新築マンション5戸+中古マンション1棟(合計資産額3億5000万円)

4年目 新築マンション10戸+中古マンション2棟(合計資産額7億円)

5年目 新築マンション10戸+中古マンション3棟(合計資産額10億円)

 

このパターンでは、いくつかの物件を売却してよりグレードアップした物件を購入するといった過程も必要です。しかしながら、5年間でここまで数多くの物件を所有するようになるのです。金融機関は順調にローンの返済をする収益物件のオーナーに対し、審査基準を緩くする傾向があります。そのため、ただでさえ医師は融資を受けやすいのに、さらに追加融資を受けることが可能です。

 

5年プランを選ぶドクターは、ほかよりも運用のペースがゆっくりしているので、その間に「勤務医を続けるか、退職して開業するか」といった将来設計もじっくり検討することができます。また、複数の物件を所有することでリスク分散ができているので、ここまでくれば簡単には赤字になりません。

 

このように毎年物件を買い足していくと、資産とともにローン残高も増えていきます。そのため「自分に万一のことがあったら、残された家族は多額の借金を背負うことになるのでは」と、心配するドクターがいます。

 

しかし安心してください。不動産運用ローンの契約は、本人が亡くなる、または重度の障害者となった場合に備えて団体信用生命保険(団信)への加入が必須条件となっています。団信に加入していれば、住宅ローンの債務者に万一のことがあった場合、ローンの残金はすべて金融機関に支払われます。そのため、家族がローン返済に追われる心配はありません。それどころか、将来の安定収入が見込める収益物件が残ります。

 

このように、不動産運用は大きなレバレッジ効果を利用できるだけでなく、家族の将来の安心も担保する資産形成方法なのです。

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

【医師限定】不動産投資セミナー:https://gentosha-go.com/ud/seminar/id/5f20c5757765611528000000

著者紹介

連載医師という属性を活かした賢い「不動産投資術」

本連載は、2016年4月27日刊行の書籍『資産家ドクター、貧困ドクター』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

資産家ドクター、貧困ドクター

資産家ドクター、貧困ドクター

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

いまや「医師=超富裕層」とは限らない時代。自分の資産は自分で守り、増やすことが当たり前になってきました。しかし、多忙な医師にはそんな時間を作ることさえ難しいのが実状です。 そこで本書は「手間をかけずに確実に儲か…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧