嫉妬は恐ろしい…上司の上司に「直訴・提案」する際の注意点

中山てつや氏は著書『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』のなかで、職場における諸問題について語っています。本記事では、中山氏のキャリアコンサルティングとしての実務経験をもとに、日本の企業における問題点を考察していきます。今回は、上司とうまく付き合うコツについて見ていきましょう。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

あなたは、自分の上司の癖を知っていますか?

組織の中を生き抜く上でためになるのが、人事権を有する上司の「癖を知る」ことです。意外と見過ごしてしまいますが、知っていると、結構便利な時もあります。「あなたの上司の癖を知っていますか?」と問われて、すらすらと答えられる部下は、少ないものです。

 

「あれ、改まって聞かれると知らないなあ。何だろう」そう悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。「知っているけど、その『癖』が大嫌い」という方もいるかと思います。また、往々にして、気づいていない場合もあるかと思います。

 

しかし、知るに越したことはありません。プラスに変換することができれば、「なお良し」です。

 

好き嫌いに関わらず、「上司の癖」を把握することで…(画像はイメージです/PIXTA)
好き嫌いに関わらず、「上司の癖」を把握することで…(画像はイメージです/PIXTA)

「お願いは外出中に」先輩からのアドバイスに、著者は

以前、こんなことがありました。新しい部門に異動して、先輩から仕事の引き継ぎを受けている時です。先輩いわく、

 

「どうしても上司の了承を得たいことが出たら、一緒に外出している時に、気軽にお願いするとうまくいくよ」

「本当ですか? そんなに簡単にいくんですか?」

 

見るからに強面こわもてな上司で、デスクで怒っている姿を、よく目の当たりにしていたので、思わずそう聞き返してしまいました。

 

「大丈夫。下手に社内で話すよりも、はるかにやりやすいから」

 

それから間もなくして、少し面倒な問題に直面することになります。確実に承認をもらわないと、今後の業務上、支障をきたしかねない内容だったので、前任者の助言に従って、社内では打診せず、一緒に外出するタイミングで、話を切り出してみました。

 

「実は、先日、こんなことがありまして、どうしても早めに処理しないとまずいんですが、いかがいたしましょう」

「そうか、分かった。いいよ。帰ったらすぐに申請書出しとけ。決済しておくから」

 

本当に、先輩の言った通りでした。実にあっけないというか、特に細かい説明をするまでもなくオーケーになるのですから、まさに効果てきめんです。

 

「ありがとうございます!」

 

ひと言お礼を言って、一件落着です。

 

なぜ、外出中に相談するとうまくいくのか、は分かりませんでしたが、それからも、このパターンは「勝利の方程式」となって、たびたび窮地を救ってくれました。

 

上司には、想定外の「癖」があったりします。上司の癖を上手に味方につけて、いい意味で活用すると、思わぬ効果を発揮することになります。先輩の助言に、改めて感謝したのは言うまでもありません。

「上司の癖」を見抜いて、職場をより快適に

せっかくですから、もうひとつ、上司にありがちな癖を紹介します。

 

上司の中には、ある特定の「言葉」に、敏感に反応する人がいます。最初の頃は、気づかないかもしれませんが、だんだんと分かるようになります。

 

上司が、その言葉に反応する時は、どちらかというと悪いパターンにハマるので、未然に防げるのなら、防ぐに越したことはありません。日頃の上司の話しぶりや、言い回しの中で、該当する言葉はないか、注意深く観察してみても良いのではないかと思います。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

梶川 博、森 惟明

幻冬舎メディアコンサルティング

「脳梗塞・認知症・運動器症候群」 三大疾患 徹底解説シリーズの改訂版! 三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群(ロコモ)」を治療・予防することで「寝たきり」と「認知機能低下」を防ぎ、高齢者が自立して健やかな老後…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧