50代貯蓄なし夫婦「将来年金額26万円」の先に待つ老後破綻

将来不安から、貯蓄額は増え続けているという昨今。もし「貯蓄なし」という状況であれば、その先、どのような未来が待っているのでしょうか。定年前の50代で貯蓄のない夫婦の場合を考えていきましょう。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

定年前の50代…貯蓄はいくらあるのか?

毎月の住宅ローンの返済、または家賃、そして子どもの教育費……将来を見越して貯蓄をしたいと考えても、なかなか進まずに焦る気持ちばかりがつのって……そんな人も多いのではないでしょうか。

 

金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年』で、金融資産*の保有額(金融資産を保有していない世帯含む)の推移を見ていくと、金融資産は50歳代で大きく増えていることが分かります。

 

*本調査における金融資産=定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用のため、または将来に備えて蓄えている部分とする。ただし、商・工・農・林・漁業等の事業のために保有している金融資産や、土地・住宅・貴金属等の実物資産、現金、預貯金で日常的な出し入れ・引落しに備える部分は除く

 

■金融資産平均保有額

20歳代 平均値292万円/中央値135万円

30歳代 平均値591万円/中央値400万円

40歳代 平均値1012万円/中央値520万円

50歳代 平均値1684万円/中央値800万円

60歳代 平均値1745万円/中央値875万円

70歳代 平均値1786万円/中央値1000万円

 

さらに借入金のある世帯にその残高を聞いてみると、50歳代で保有金融資産額を上回るようになります。

 

■借入金平均額

20歳代 平均値478万円/中央値200万円

30歳代 平均値2367万円/中央値2450万円

40歳代 平均値2058万円/中央値1700万円

50歳代 平均値1316万円/中央値1000万円

60歳代 平均値691万円/中央値498万円

70歳代 平均値1349万円/中央値500万円

 

また厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』で平均年収(男女計、学歴計)の推移を見ていくと、年齢とともに年収はあがっていき、50代前半でピークを迎えます。その後、若干減少するものの50代後半も同水準をキープ。60歳以降は、役職定年や再雇用など、雇用関係の変化もあるのでしょう。徐々に下降していきます。

 

■平均年収

20~24歳 313万9500円

25~29歳 389万5400円

30~34歳 441万4200円

35~39歳 493万5000円

40~44歳 530万6200円

45~49歳 560万6600円

50~54歳 590万4400円

55~59歳 584万2600円

60~64歳 430万1700円

65~69歳 357万7000円

 

このように見ていくと、50代は年金世代を見越した貯蓄において、重要なタイミングだと言えるでしょう。

 

前出の世論調査で金融資産の目標残高を聞いたところ、30歳代以降、中央値は2000万円。一時、「老後資金は夫婦で2000万円は必要」などと騒がれたことも関係しているのでしょう。多くの人が老後のために「2000万円」を目標にして貯蓄に励んでいます。

 

■金融資産平均目標額

20歳代 平均値945万円/中央値1000万円

30歳代 平均値2230万円/中央値2000万円

40歳代 平均値3173万円/中央値2000万円

50歳代 平均値2963万円/中央値2000万円

60歳代 平均値2761万円/中央値2000万円

70歳代 平均値2576万円/中央値2000万円

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧