コロナの収束で「世界経済はふたたび成長基調に戻る」のウソ

近代化によって物質的豊かさを獲得した人々は「意味の喪失」という状況に陥ります。人間は意味も意義も感じられない営みに携わって生きることはできません。ここでは終焉をきちんと受け止め、新しい千年紀に向けてどのような価値を社会に実装していくのか、という問題を考えるとともに、GDP成長率のトレンドについて確認します。※本連載は山口周著『ビジネスの未来』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

求められるのは「文化的豊かさを生み出すビジネス」

WHO(世界保健機関)は2017年、全世界的に増加傾向にある鬱病が、21世紀中に先進国でもっとも深刻な疾患の一つになる可能性を警告しましたが、これは文明化の終了という問題と密接に関わっています。

 

私たち人間は「意味」をエネルギーにして生きていますから、意味も意義も感じられない営みに携わって生きることはできません。私たちの社会が今後、大きな危機を迎えることになるのだとすれば、それは経済的な衰退や物質的な不足などではなく、間違いなく「意味の喪失」という問題によって引き起こされることになるでしょう。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
WHO(世界保健機関)は2017年、鬱病が先進国でもっとも深刻な疾患の一つになると警告したという。(写真はイメージです/PIXTA)

 

近代化によって物質的豊かさを獲得した人々が、この「意味の喪失」という状況に陥ることを予言したのが19世紀の哲学者、フリードリヒ・ニーチェでした。ニーチェは、物質的豊かさが増していく一方で、科学の勃興によって宗教という規範の解体が進んでいく世界において、市井の人々が「意味の喪失」という重大な病に侵されることを予言しました。

 

ニーチェによれば、意味を喪失した人々はニヒリズムに陥ることになります。では「ニヒリズム」とは何でしょうか? それは「何のために? という問いに答えられない状態だ」というのがニーチェの回答です。

 

ニヒリズムとは何を意味するのか?…至高の諸価値がその価値を剥奪されているということ、目標がかけている。「何のために?」という問いへの答えが欠けている。

フリードリヒ・ニーチェ「力への意志」

 

古代ギリシアにおいて価値あるものと認められた「真・善・美」といった「至高の価値」が剥奪される一方で、では「何のために?」と問われればそれに対する答えは見つけられない状態、それをニーチェはニヒリズムと名付けたわけです。ニーチェによるこの「ニヒリズムの定義」が今日の社会の状況を驚くほど正確に言い表していることに戦慄を禁じ得ません。

 

「物質的豊かさを提供して社会から貧困をなくす」ことをビジネスの目的として掲げれば、9割の人が物質的に満足している状況において「何のために我々は存在するのか」という問いに答えることはできません。いや、これは何も個社に限った話ではありません。

 

ビジネスの使命を「社会における物質的な不満・不足の解消」と定義するのであれば、これまでに確認してきた数値はまさに「ビジネスはその歴史的使命を終えつつある」ことを示しています。

 

ではこの「祝祭の高原」において、私たちは何をすれば良いのでしょうか?それは「文明的豊かさを生み出すビジネス」から「文化的豊かさを生み出すビジネス」への転換です。

 

ここまで確認した通り、古代以来、私たちの社会が宿願として掲げてきた「物質的不足を解消する」という課題はすでに達成されました。これは素晴らしい偉業なのですからしっかりと祝祭した上で、その終焉をきちんと受け止め、新しい千年紀に向けてどのような価値を社会に実装していくのか、という問題を考えなければいけない時期に来ている、ということです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
富裕層の税金対策、資産運用の悩みを一挙解決!
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー
詳しくはこちら>>>

ライプニッツ 代表 独立研究者
著作家
パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。神奈川県葉山町に在住。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史専攻修士課程修了。

電通、ボストン コンサルティング グループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。

その他の著書に、『劣化するオッサン社会の処方箋』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術』『グーグルに勝つ広告モデル』(岡本一郎名義)(以上、光文社新書)、『外資系コンサルのスライド作成術』(東洋経済新報社)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』『ニュータイプの時代』(ともにダイヤモンド社)、『武器になる哲学』(KADOKAWA)など。

(的野 弘路=撮影)

著者紹介

連載日本人はコロナ後の世界をどう生きるべきか

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

山口 周

プレジデント社

ビジネスはその歴史的使命をすでに終えているのではないか? 21世紀を生きる私たちの課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧