M&Aによる工場取得が新規工場建設より有利な理由

前回は、全くの異業種とのM&Aで得られるメリットについて説明しました。今回は、ゼロから新規工場を建てるよりもM&Aで工場を手に入れるほうが有利な理由を見ていきます。

ゼロからの工場建設では稼動まで数年かかる場合も・・・

生産ラインを増やしたい企業にとっては、ゼロから新規工場を建てるよりもM&Aで工場を手に入れることの方がはるかにお得です。製造業の場合は、店舗や事務所があれば何とかなる業界とは違って、工場や設備、熟練工などといったものが必要になり、多くの投資が不可欠です。

 

こうした場合には戦略として、M&Aによる投資と新規工場建設による投資を比較検討してみましょう。時間とコストの面において歴然とした差が出てくるのではないでしょうか。

 

仮に、ある企業が埼玉に工場を自ら建設したいと考えた場合、まず土地の選定から始めなければなりません。土地が決まったら、土地を購入もしくは借用して、建物の建築工事等を行います。その工事や製造ラインの設置工事等、1年以上になることもあります。

 

工場を建てている間にも、足りない人材の募集、従業員の雇用を進めていく手間が発生します。さらにその工場が実際に稼働し始めてからも、不良率の低い安定した生産が軌道に乗るまでには半年以上かかることも想定されます。

 

つまり、まともに稼働できるようになるまでは、数年以上かかることもあるのです。その間は利益はおろか、コストはすべて借入金や内部留保から賄うしかありません。

M&Aの活用が経済的負担の減少と時間短縮に繋がる

また、工場の建築費も、今は建築業界も人手不足や建築資材の高騰があって、高額になりやすくなっています。単純な倉庫とは違って、工場であれば、それらの作業工程に耐えうるような構造にする必要があるため、さらに費用は上乗せされます。

 

こういったことを踏まえると、M&Aで購入した方が、新工場建設よりもおそらく感覚的には半値以下になることもあるのではないでしょうか。買い手にとってはM&Aで購入する方が明らかに経済的に負担は少なく、時間短縮にもなるのです。

ASAKビジネスコンサルティング株式会社 代表取締役

1966年 愛知県生まれ。横浜国立大学経営学部卒業後、株式会社デンソーに入社。人事部門、事業企画部門を担当。また、在職中に税理士資格の取得にもチャレンジし取得。
2002年会計事務所を開業。2006年コンサルティング部門であるASAKビジネスコンサルティング株式会社及び資産管理・不動産部門であるASAK財産コンサルティング株式会社を設立、代表取締役に就任。会計業務のみならず人事、事業企画、事業計画、戦略立案、事業F/S、原価計算・人事制度の構築、システム導入などあらゆる経営課題に対応し、法人から個人のお客様に至るまで、さまざまなニーズにきめ細かいサービスを提供している。十数年間にわたるメーカー勤務時代に築いたノウハウ・人脈をフル活用し、特に製造業のコンサルティングに強みを持つ。

著者紹介

連載中小製造業の強みを生かして圧倒的高値で売却する方法

本連載は、2016年4月27日刊行の書籍『中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方

中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方

浅岡 和彦

幻冬舎メディアコンサルティング

自分が高齢になってもその技術や従業員を守っていきたい、自社の技術を信頼してくれる取引先に迷惑をかけたくない──これは中小製造業の社長に共通する願いでしょう。 しかし、社長の思いに反し、多くの会社がいま存続の危機…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧