認知症700万人時代の家族介護負担「年間382万円」に愕然

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。定年後の避けては通れない課題は「お金」「健康」「生きがい」。これが定年後の3大リスクです。この「3大リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきます。本連載は長尾義弘・福岡武彦著『定年の教科書 お金 健康 生きがい』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【無料】メルマガ登録こちら

患者は約700万人、高齢者の約5人に1人が認知症に

アルツハイマー型の認知症は早期の発見と治療が肝心

 

老後の大きな健康リスクのひとつに、認知症があげられます。

 

認知症の患者数は、2012年の時点で462万人。65歳以上の7人に1人は認知症だと推計されています(厚生労働省「認知症施策推進戦略〜認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて」)。認知症の前段階といわれる「軽度認知障害(MCI)」は、推計で約400万人です。これを合わせると、高齢者の4人に1人は認知症、またはその予備軍となります。

 

さらに、2025年には認知症の患者は約700万人、高齢者の約5人に1人が認知症になるという予測です。

 

ますます高齢化が進む現状を考えると、認知症の問題はけっして他人事ではありません。

 

認知症は家族の負担のほか、高額賠償の金融リスクも存在するという。(※写真はイメージです/PIXTA)
認知症は家族の負担のほか、高額賠償の金融リスクも存在するという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

認知症には、いくつか種類があります。厚生労働省の資料によると約70%近くがアルツハイマー型の認知症で、約20%が脳血管性認知症、約4%がレビー小体型認知症です。

 

認知症と正常との中間の状態を軽度認知障害(MCI)といいます。物忘れはあるけれど、日常生活には支障がない状態がこれに当たります。認知症が年間10〜30%ぐらい進行する場合もある半面、正常なレベルに回復する人もいます。

 

アルツハイマー型認知症を治すことはできませんが、早期発見、早期治療が有効であるとわかってきました。早期に発見すれば、薬を使って病変の広がりを遅らせることができるそうです。もちろん、入院期間も短くなります。しかし、病変が広がったあとでは薬の効果が薄れ、結果的に入院が長くなってしまいます。

 

認知症の代表的な検査は、「長谷川式簡易知能評価スケール」と「ミニメンタルステート検査(MMSE)」の二つがあります。健康でいられる時間を延ばすためにも、とにかく早めに受診することをお勧めします。

 

認知症の介護は家族の負担がとても大きい

 

認知症の介護は通常の介護より費用がかかります。約20%プラスされるという試算もあります。費用の負担も重くなりますが、それ以上に家族の負担が大きくなります。

 

ここに厚生労働省と慶應義塾大学の研究班のデータがあります(認知症の社会的費用を推計)。その研究によると、年間にかかる社会的コストは、医療費が1.9兆円、介護費が6.4兆円、インフォーマルケアコストが6.2兆円となっています。インフォーマルケアコストとは、家族などが無償で実施するケアにかかる費用のことです。

 

この数字を個人に置き換えるとこうなります。

 

・1人当たりの入院医療費は月額34万4300円
・1人当たりの通院医療費は月額3万9600円

 

入院医療費については実際は高額療養費があるので、70歳以上で一般的な所得の場合、月に6万円ぐらい(年収によって負担額は変わります)です。

 

通院医療費も70歳以上は2割負担になるため、月額約8000円になると思います。年間で10万円ぐらいの負担額です。

 

では、インフォーマルケアコストはどうでしょう。家族が無償でおこなうケアですので、それにかかる時間を介護単価とし、代替費用法、遺失賃金法で計算します。

 

・要介護者1人当たりのケア時間は、週に24.97時間
・要介護者1人当たりインフォーマルケアコストは、年間382万円

 

認知症患者の家族には、時間という負担が驚くほどかかることがわかると思います。

 

介護が必要になる年代は70歳以降からが多く、子どもはまだ50代ということもあります。介護のために仕事を続けることが難しくなり、介護離職というケースも多くみられます。介護離職をすることは、収入の減少を意味します。

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

著者紹介

株式会社ライフエレメンツ代表取締役
税理士

大前研一氏が設立した起業家・アントレプレナー育成学校アタッカーズ・ビジネススクールを経て、以来30年以上にわたってアントレプレナー支援、インバウンド税務会計に携わっている。大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資金融企業勤務を経て三聖トラスト会計事務所を設立。法人向けサービスとして、各分野の辛口の専門家をタレント化するプロダクション部を設ける。また、福利厚生や社員研修の一環として、オンデマンド研修、ビデオコンテンツ制作等をおこなうWEBライブイルミネーター事業を展開している。

著者紹介

連載定年後は余生ではない…愉しい老後ライフを手に入れる心構えと知恵

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧