糖質制限に潜む3大リスク「体臭悪化・便秘」あとひとつは?

うまくダイエットをしなければ、キレイに痩せることはできません。これまで2000人以上もの美容の悩みに向き合ってきた医療法人健美会理事長の長谷川守正氏が、間違った方法によるリスクを紹介します。

【無料】メルマガ登録はコチラ

糖質制限によるダイエット、やりすぎに注意!

1.厳しい糖質制限を行うとがんや心血管疾患の死亡リスクが上昇する

 

糖質制限は、その名の通り、米やパン、麺などの主食類、根菜類、果物など糖質を多く含む食品を制限することです。ダイエット目的のほか、糖尿病など病気の治療で行う人もいるでしょう。

 

しかし、最近では極端な糖質制限のリスクが指摘されています。海外の研究によると、「糖質を厳しく制限すればするほど死亡リスクが増える」ことが明らかになっています。アメリカでは、糖質比53%前後でもっとも死亡リスクが低いという研究が発表されています。

 

厳しい糖質制限では、がんや心血管疾患による死亡リスクが増えるのです。炭水化物の摂取量が3割以下の人は、死亡リスクを高めるという、ハーバード大学のデータもあります。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

また、そこまで深刻な病気でなくても、糖質制限によるエネルギー不足で、「ふらふらする」「気力がわかない」「集中力が低下した」「イライラする」といった症状に陥る人も少なくありません。このように、極端な糖質制限を行うことは健康を損ねる可能性があるので、おすすめできません。

 

2.頑張って糖質制限をしても元の食生活に戻るとリバウンドしやすい

 

糖質制限をするとエネルギー源がなくなって脂肪を分解して使うようになります。その結果、体脂肪や内臓脂肪が減少します。しかし、糖質制限をやめて元の生活に戻すと、体はこれまで少なくなっていた糖質を吸収しようとします。

 

そして、糖質を脂肪に変換し、体脂肪へと蓄えてしまうのです。また、糖質を最初に食べて、血糖値が急激に上昇すると、食欲のコントロールが難しくなり、ドカ食いをしがちになります。これも、リバウンドの原因になってしまうでしょう。

 

せっかく頑張って痩せても、すぐに元に戻ってしまうと、ダイエットをやる気も失せてしまいます。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

医療法人健美会 理事長

1984年、名古屋大学医学部を卒業し、名古屋第二赤十字病院整形外科に赴任。

その後、名古屋大学付属病院、岡崎市民病院(形成外科部長)を経て、1999年に「はせがわ整形外科・形成外科(現:元八事整形外科・形成外科)」を開業する。

整形外科、形成外科を専門にこれまで2000人以上の女性の美容の悩みに向き合い、医学的な裏付けに基づいた健康的なダイエットの提案を行っている。

併設している鍼灸院では、鍼灸師たちがダイエットに効果のある美容鍼の施術と、姿勢改善指導も行っている。

著者紹介

連載美ボディメイキングで大人女子に

我慢しない ツラくない 時間をかけない 痛くない わがまま大人女子のための360°美ボディメイキング

我慢しない ツラくない 時間をかけない 痛くない わがまま大人女子のための360°美ボディメイキング

長谷川 守正

幻冬舎MC

360°美ボディは、メリハリが重要! お腹とお尻にピンポイントでアプローチする、「瘦せる」とは違う大人のボディメイク。 大人女子には医療ダイエット! 食事制限を行えば、一時的に体重は減ります。 しかし、やみく…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧