どんな経済状況下でも「株」がリターンを生み出せる理由

前回は、ファーストリテイリングの柳井正社長が持つ経営力について取り上げた。最終回は、どんな経済状況下でも、「株」が最も効率的な投資手法といえる理由を見ていく。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

経済は正常・適正なインフレを前提に成り立っている

日本は、この20年間、世界の他の国が経験したことのないようなデフレ・スパイラルの中にあった。デフレ環境下では、資産の価値が上がらないし、現金を持っていることが一番だという信仰が一般の方の中に根付いてしまった。

 

だが、経済というものは、長期的には正常・適正なインフレを前提に成り立っている。事実、この100年間を振り返ってみれば、世界のどの国も実質的にインフレになっている。単に通貨価値が下がったというだけの名目上のインフレではない。実質的な価値として、カネよりもモノの価値のほうが上昇率が高いのだ。

 

<10/27(水)開催> 2022年の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

日本における20年間のデフレは決して恒常的なものではない。数十年後に振り返って見た時に、間違いなく、この20年間の日本のデフレは異常な時代として歴史に残っていることだろう。

デフレでもインフレでも、発展する企業はある

筆者は、投資するなら「株しかない」と考えている。これは、インフレになるから「株しかない」というばかりではなく、どんな時代であっても、最も効率的な投資手法として「株」が適しているからだ。

 

それは、人類の叡智の結晶としてつくられた資本主義の世界を、また人々が日々、汗を流してつくりあげている市場経済を信じることと同義である。デフレでも、インフレでも、どんな環境下であっても、企業は市場の中でしのぎをけずり、結果を出さなければならない。優秀な経営者は、円高になろうが円安になろうが、中東で紛争が起きようが、さまざまな変化に対応しつつも利益を上げて会社を成長させる。

 

どのような状況であっても、発展する企業はあり、そのような企業に着実に投資を続けていけば、総体として高いリターンを得ることは決して不可能ではない。投資の要となるのは、上げ相場や下げ相場などの環境ではなく、企業の選別なのだ。

良い企業はどんな経済環境でも利益を生む

セブン‐イレブンの鈴木敏文前会長は、デフレ環境下でも着実に会社を成長させてきたし、これだけコンビニエンス・ストアの数が増えた今でも、まだまだ店舗の数は増やすことができると語っている。なぜ、そのようなことができるのかといえば、顧客のニーズをつかむというビジネスの基本に忠実であるからだ。

 

コンビニエンス・ストアは決して価格で競争する業態ではない。むしろ、スーパーマーケットなどの他の小売店よりも割高なのに、しっかりと顧客の心をつかんでいる。市場経済において成長する企業は、お金を払ってもよいと思わせるほどに顧客のニーズをつかんでいる。だから、インフレになろうがデフレになろうが、しっかりとした業績を出していくことができる。

 

<10/27(水)開催> 2022年の日本株式市場はどうなる?
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

一方、デフレという状況に適応して成長してきた、マクドナルドや牛丼のすき家などは、市場がインフレに転換しようとしている現在、苦戦している。デフレに慣れすぎたことからインフレ対応モデルへのスムーズな移行ができなかった。ただ、いずれも優秀な企業だから、やがては外部環境に適応するだろう。良い企業は、どんな環境であっても利益を生むことができる。良い投資家もまた、どんな環境であってもリターンを得ることができるのだ。

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【10/20開催】専門税理士の売却時の税務面の解説あり!「太陽光発電投資」の出口戦略

 

【10/20開催】国際税務に精通した税理士が“投資家目線”で語る「アジア投資」の進め方

 

【10/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【10/21開催】徹底比較!「東南アジア」5ヶ国6都市不動産投資環境

 

【10/21開催】短期償却&長期安定収益狙いの「新規事業投資」徹底比較

 

【10/27開催】コロナ禍におけるM&Aの最新事情と案件説明会

 

【10/27開催】2022年の日本株式市場は?マーケットの見通しを解説!

 

【11/4開催】富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント~弁護士が解説!

 

【11/4開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

 

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載「富のブレイクスルー」~株式投資のチャンスをつかむ原理原則

本連載は、2015年1月22日刊行の書籍『株しかない』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株しかない

株しかない

阿部 修平

幻冬舎

一度きりの人生を自分自身の力で大きく変えろ! 8000億円を運用する「伝説のファンドマネジャー」が、株式投資で勝つための戦略と戦術を明かす 〇日本経済はデフレのスーパーサイクルから解放された 〇苦難の20年が日本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧