ソフトバンクとファーストリテイリングが巨大企業となった理由

前回は、筆者が代表取締役を務める運用会社「スパークス」が、バブル崩壊後の局面でも運用資金を減らさなかった要因を紹介した。今回は、ソフトバンクとファーストリテイリングが、20年という短期間で日本を代表する巨大企業になった理由を見ていきたい。

アナリストの想像をはるかに超えた成長

筆者はスパークス創業以来、多くの企業を見てきたが、その中でも企業の本当の成長というのを教えてくれたのが、ソフトバンクとファーストリテイリングの2社である。筆者は両社ともに上場した頃から継続して調査をし、投資もしてきた。しかしながら、この2社が上場以来20年間実現した成長は私たちアナリストの想像をはるかに超えていた。

 

確かにどちらも素晴らしい企業だと感じたし、大きな成長を遂げるだろうとは思っていた。しかし、20年という短期間で日本を代表する巨大企業になることは、想像できなかった。だから、ここに書くのは、ある意味では後付けの理由である。現在の地点から振り返れば、確かにこの2社には大きく成長する企業の条件が備わっていた。というより、この2社が成長したために、成長する企業とはどのようなものかを筆者が学ばせてもらったと言ったほうがいいだろう。

 

[PR] 1月26日(火)WEBセミナー開催(無料)
2021年、日本株式市場はどうなる?マーケットの見通しを解説!
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

長期的企業成長に不可欠な「経営者のリーダーシップ

それはどのようなものか。まず、企業というのは、経営者が明確なビジョンと強い意思(執念)を持って、それを実行し実現すると、予想以上の成長を遂げる。その意味では、大きく成長するために最も必要なのは経営者の成長に対する強烈なコミットメントだ。

 

投資先企業を選定するための条件として、経営者、ビジネスモデル、市場の三つを挙げた。確かに、短期的な成長を見るのであれば、ビジネスモデルと市場が大切なのだが、長期的企業成長は圧倒的に経営者、そして経営者のリーダーシップに依存する。経営者のマネジメント能力の質が高ければ、当初のビジネスモデルや市場を変えることで、大きく成長を実現することがしばしばあるからだ。そして、そこに資本市場の信任が得られれば、その成長はさらに大きなものとなる。

 

もちろん、これらは今だからこそ言えることだ。スパークスは、2社とも上場した時から見ていたし、上場時に優れた企業だと判断し投資したが、成長の途中でその多くを売却してしまった。なぜなら、この2社の株価は、スパークスが売却した時点で大幅に上昇していたし、また、さまざまな株価指標と照らしても割高な水準だったからだ。

 

しかし結果的には、この2社はそれ以降も成長を続け、高い株価を正当化していく実績を上げていったわけだから、筆者の見立ては間違っていたことになる。言い訳になるが、バリュー投資の視点から評価すると、これだけの株価上昇を予見することは極めて難しいものだ。特に、スパークスのような投資会社が恒常的に割高に評価されている銘柄に長期的に投資し続けることは極めて難しい。

両社の共通点はマネジメントの質の高さ

プロの投資家には予見しづらいような利益・株価の成長を実現したという意味で、この2社は、企業成長と株価の代表的なケースとして日本の金融史に残ると思っている。ソフトバンクとファーストリテイリングの2社には次のような共通の特徴があった。

 

①あくなき成長への強い意思を、企業カルチャーにまで落とし込んでいる。

②三つの輪(ビジネスモデル、マーケット、マネジメント)の条件を満たしている。

 

[PR] 1月26日(火)WEBセミナー開催(無料)
2021年、日本株式市場はどうなる?マーケットの見通しを解説!
バフェット、ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターン」の獲得手法

 

逆に、2社には異なる特徴もある。これらの特徴は、企業の本質的な成長性とは無関係であるものと考えられる。

 

①ソフトバンクはハイテク製品を扱っているが、ファーストリテイリングはローテク製品を扱っている(どのような市場でも成長できる)。

 

②ソフトバンクのビジネスモデルは、インターネットという新しい市場の創造であるのに対し、ファーストリテイリングのビジネスモデルは小売りと製造の統合によるローコスト化と商品の独自ブランド化である(マーケットに合わせたビジネスモデルが必要だ)。

 

③つまり両社の共通点はマネジメントの質の高さであり、マーケットやビジネスモデルはビジネスの規模拡大と環境に合わせて継続的に変化・変質していった。

 

投資家ご本人が、自ら考え、選び、投資をするプロセスを徹底サポート!
幻冬舎グループのIFAによる
「資産運用」個別相談会

 

[PR]2021年1月21日(木)WEB&幻冬舎会場開催/特別イベント
米国アライアンス・バーンスタインのアドバイザーと本音で語る!
不透明な市場環境下での「米国株」資産運用とは?

IFA口座開設済みのお客様限定/特別フリートークセッションライブ

 

 

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
「お金がお金を生む仕組み」を作りたいけど、相談相手がいない…
この現実から抜け出すには?

 こちらへ 

 

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

北海道札幌市出身。上智大学経済学部卒。米ボストンのバブソンカレッジでMBA取得。

1981年、野村総合研究所に入社後、ニューヨークのノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルに出向し、米国の機関投資家向けの日本株のセールスに従事。1985年にニューヨークで独立し、ジョージ・ソロス氏から1億ドル(当時の為替レートで約200億円)の運用を任される。

1989年、日本でスパークス投資顧問(現スパークス・グループ)を設立。2001年に上場。2005年、ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。現在の投資対象は日本の上場株だけでなく、アジアの上場株、再生可能エネルギー発電施設や不動産といった実物資産、そして米国、イスラエル、日本などの未上場企業にまで広がってきたが、投資対象の価格と価値の差に着目し主体的に働きかける投資哲学は一貫している。

プライベートでは作詞、作曲、ギター演奏に加え、絵画も描く。

近著に『暴落を買え!-年収300万円から始める資本家入門-』(ビジネス社 2017/5/24)。

著者紹介

連載「富のブレイクスルー」~株式投資のチャンスをつかむ原理原則

本連載は、2015年1月22日刊行の書籍『株しかない』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株しかない

株しかない

阿部 修平

幻冬舎

一度きりの人生を自分自身の力で大きく変えろ! 8000億円を運用する「伝説のファンドマネジャー」が、株式投資で勝つための戦略と戦術を明かす 〇日本経済はデフレのスーパーサイクルから解放された 〇苦難の20年が日本…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧