保有中の銘柄に「大きな悪材料」が発生した場合の対応法

前回、保有株の点検・メンテナンス方法について紹介しましたが、今回は、点検によって大損を回避した事例を見ていきます。

突発的な問題でシナリオが大きく狂うことがある

保有中の銘柄に悪い材料が出たときには、それが一度切りのもので、影響も一過性なのか、それとも問題の根が深く、影響が長引きそうなのかの判断が重要です。そして後者であれば、一旦は売却することを強くお勧めします。

 

ここで例に取り上げるのは、三井住友建設(1821)です。三井住友建設は株価100円台で100株単位と、1万円台で買えるいわゆる低位株です。2003年に三井建設と住友建設が合併して誕生しました。

 

低位株ではありますが、首都圏を中心に都市再開発の動きが継続していて、同社では東京五輪などの国家プロジェクトから、ららぽーとなどの商業施設建設まで幅広い受注が期待できること。

 

また、予想PERが20倍程度で、かつ業績の上方修正期待もあったことから、指標的にもさらに割安感が増す可能性があること。

 

さらに、2015年3月期には17年ぶりに配当を復活(復配)したことで、今後は本格上昇が見込めると判断。8月下旬からの株安懸念が落ち着いた10月5日に買い推奨をしました。買い推奨株価は148円。

 

ところが、買い推奨からわずか10日後に、いわゆる「マンションの杭打ち偽装問題」が発覚して、予想していたシナリオは大きく狂うことになってしまいました。

 

<売り推奨をした日>

 

2015年10月14日

 

<売り推奨株価>

 

134円(10月14日の高値は146円、安値は109円)

 

<売り推奨をした理由>

 

拡大懸念のある悪材料10月14日の日本経済新聞朝刊で、三井住友建設が施工を担当した横浜の大型マンションで必要な地盤調査を一部実施せず、虚偽のデータによって工事が行われたと報じられた。

 

☆藤村コメント・・・突発的なニュースで、この件が三井住友建設の業績に与える影響の度合いは報道の時点では予測不能、今後どう進展していくのかも不透明でした。ただ、報道されたマンションは施工不良で傾いていると指摘されていて、同社のほかの物件でも同様の問題が出てくる可能性もあり、一旦売却して仕切り直すのがよいと判断しました。

 

<その後の展開>

 

売り推奨をした翌日の10月15日になると、問題の焦点は杭打ちの工事を請け負った旭化成建材、及び親会社の旭化成にあるという見方が広がりました。

 

今度は、旭化成の株が急落。三井住友建設はさらなる下落にはならず、10月14日につけた安値109円が年初来安値近辺の株価となりました。とは言え、同社ももちろん無関係ではないため、その後も株価は110円台〜120円台前半と低空で推移しています。

 

大きな悪材料が出た場合は「他の可能性」に賭ける

<まとめ>

 

このように、大きな悪材料が突発的に出ることは、株式投資をする以上は完全には避けられません。問題が起きたときには、その影響力を考えて売却し、他の可能性に賭けたほうがよいでしょう。

 

なお、2015年12月時点では、杭打ち偽装の問題が同社の業績に及ぼす影響はまだ明らかになっていません。

 

100円台という低位株のため、30万円コースでは1900株(投資総額28万1200円)を保有中でした。確定した損失は2万6600円ですが、すでにほかの銘柄で大きな利益を取っていたため、幸い、損切りしても大きな痛手にはなりませんでした。

 

[図表]三井住友建設

 

<売買のまとめ>

 

●買い推奨日・株価 2015年10月5日148円

●売り推奨日・株価 2015年10月14日134円

●損益率 ▲9.46%

●損失(1900株) ▲2万6600円(▲1400円/100株)

ライジングブル投資顧問株式会社 代表

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

著者紹介

連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

本連載は、2016年2月1日刊行の書籍『資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書のケーススタディと本文で取り上げた銘柄の売買タイミングは、すべて「ライジングブル投資顧問」で提供している売買サポートの一例です。売買タイミングは、各コースで異なります。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

 

資金30万円を 巨額資産に大化けさせる 銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を 巨額資産に大化けさせる 銘柄「乗り換え」株式投資法

藤村 哲也

幻冬舎メディアコンサルティング

給料がなかなか上がらない、預貯金をコツコツ貯めてもほとんど増えない――。資産運用の難しい時代です。株式投資は、実は資産を安定的に大きく増やせる“堅実”な運用術です。安定運用のコツはただひとつ。上手に銘柄を「乗り…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧