多くの場合、子どもは自分自身では目の異常に気づくことができません。そのため、親は子どもの目の健康を守るために、普段からよく子を観察する必要があります。今回は、「小学生でメガネをかけさせるのはかわいそう」という理由で裸眼のままにしておくと、子どもにどのような影響が生じるかについて、眼科医が解説します。

小学生までは「コンタクトレンズ」を勧められない理由

一般的には裸眼視力が低い子どもに対して、小学生まではメガネで矯正することを適応とし、コンタクトレンズの使用は勧められていません。なぜかというと、子ども自身でコンタクトレンズの管理ができないからです。

 

コンタクトレンズは種類によっては洗浄をしたり、使い捨てであっても自分で目に装着したり外したりしなければなりませんから、小学生までは正しく使うことが難しいと判断されています。

 

しかし、中学生になれば目の成長も完成していることもあり、自分で管理できるとしてコンタクトレンズも適応となります。これによって部活でスポーツをしている男子やおしゃれを気にする女子では、コンタクトレンズを希望するケースが増えています。

 

ただ、メガネと違って直接目に装着するコンタクトレンズは、正しく使用しなければトラブルのもととなります。実際に、長時間の装着、洗浄不足、使用期限の超過などが原因で、目の充血や異物感、痛みなどの症状を訴える中高生が増えています。自分で管理できるはずなのに、きちんとルールを守れていないのが現状です。

 

まず、洗浄が不十分であると、レンズに付着した細かいゴミなどが取り除かれていないため、目を傷つけてしまいます。小さなキズであれば、本来は自己治癒力によって数日のうちに修復されます。

 

しかし、コンタクトレンズを使用し続けていると、キズはいつまでも治らずに慢性化し、炎症を起こしやすくなります。レンズに花粉が付着し、まぶたに触れ続けていればアレルギー性結膜炎を起こすこともあります。

 

これらは使用する側の問題ですが、コンタクトレンズ自体に問題があることも少なくありません。例えば、家にいながら手軽に購入できる通販はとても便利ですが、眼科を受診せずに自己判断でコンタクトレンズを通販で購入すると、なかには材質に問題がある粗悪な製品を手にすることがあるからです。

 

特に海外製品の場合は、温度管理がされていない船便で届くケースが見受けられます。コンタクトレンズは薄いものですから、温度が高くなると日本に届くまでの間にはレンズが伸びて変形してしまいます。これがカラーコンタクトレンズになると、色素が溶け出してしまうこともあるのです。こうした製品を知らずに目に装着すれば当然、炎症が起こって角膜障害や結膜炎などの原因になります。

 

筆者のもとにも、カラーコンタクトレンズが原因で角膜炎を起こした中高生が何人か受診しに来ています。ひどい患者さんでは治るまでに半年以上もかかり、その間はコンタクトレンズを使用できなくなりました。

 

国内で販売されるコンタクトレンズは、日本の法律によって厳しく品質や有効性、安全性が確認されています。けれどもインターネットで個人的に輸入したり、販売されている製品では、日本が定めた基準に則っていないものがあり、安全性の保証もありません。

 

コンタクトレンズは、視力(度数)や角膜のカーブの具合、目の病気の有無、涙の量などの個人差を考慮して選ぶ必要があります。これらは眼科でなければ、きちんと調べることはできません。自分の角膜のカーブにピッタリと合ったコンタクトレンズを選ばなければ、十分に視力が出ませんし、角膜にキズがつくなど目の障害を引き起こす原因にもなります。

 

ですからコンタクトレンズを初めて使用するときや、度数が合わなくなって新たに購入するときには、必ず眼科を受診して処方箋を出してもらうことが重要です。その際、医師からレンズの正しい使い方を指導してもらい、それをきちんと実践することが、本人の目を守ることにつながります。

 

そして、コンタクトレンズを装着していても見えづらくなったときは、自覚症状はなくても角膜が傷ついていないかを確認する意味でも、眼科を受診する習慣をつけるとよいでしょう。

 

星合繁

ほしあい眼科院長

 

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本記事は、星合繁氏の著書『子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

    子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

    子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

    星合 繁

    幻冬舎メディアコンサルティング

    小児眼科の治療&手術実績多数! 20年以上のキャリアをもつ眼科医が 症状やその原因、病気を特定するための検査を徹底解説! 本書は子どもの動作や行動から「おかしい」と気づいたとき、 どのような目の病気が考えられるか…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ