小学生でメガネはかわいそう…親心が招いた「子どもの不幸」

多くの場合、子どもは自分自身では目の異常に気づくことができません。そのため、親は子どもの目の健康を守るために、普段からよく子を観察する必要があります。今回は、「小学生でメガネをかけさせるのはかわいそう」という理由で裸眼のままにしておくと、子どもにどのような影響が生じるかについて、眼科医が解説します。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

見えづらい状態で生活していると、視覚機能に悪影響

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

発達途上にある子どもの目には、見る環境が大きく影響してきます。いろいろな物を見る経験を通して視覚機能を成長させていきますが、それには見ている物にきちんとピントが合っていることが何より重要です。

 

なぜなら、ぼやけた像を脳に送り続けていると、物の認識をしづらくなることで脳が活発に働かなくなってしまうからです。これが、視覚機能の発達を妨げることとなり、一生見えづらい状態で過ごすことにもつながります。

 

その代表例として挙げられるのが“メガネ”です。子どもの視力が低下してくると、メガネが必要になります。そのとき「小さい子にメガネをかけさせるのは良くない」とか「小学生でメガネをかけさせるのはかわいそう」という声が、親や祖父母から聞こえてきます。

 

しかし、見えづらい状態で生活していることのほうが、子どもの目に負担をかけるばかりか、かえって視覚機能にも悪影響を与えることになります。

 

視覚は、環境を認識する情報の約80%を占めているため、もしも病気やケガなどで視覚に問題が生じれば、外界から得る情報量は一気に減少してしまいます。

 

それにもかかわらず、見えづらい状態を改善しないままでいれば、子どもは「正しく見えている状態」に慣れていないため、違和感をもつことはありません。これが、ますます視覚機能の発達にブレーキをかけることとなります。

 

見えづらい状態は、例えば授業中に黒板の文字が読めない状況をつくり出し、それがストレスとなって授業に集中できない事態を招きます。これが学業の低下につながりますから、こうしたことが起こるほうが子どもにとっては不幸であり、かわいそうなのではないでしょうか。

 

目に合ったメガネをかければはっきり見えるようになることで、授業にも集中できるようになります。これが視覚機能の発達や、見えないことで生じるストレスを軽減させることにもなるでしょう。

 

このようなことから、目の発育を促すためにも、視力を補うために必要であるならメガネをかけ、はっきり見えるようにすることが大事です。正常な目の発達によって目からの情報を正しく受け取ることが、健やかな知的・身体的発達にもつながります。

 

目は機械ではないので取り換えが利きません。悪くなっても、それを一生使うしかないのです。少しでも良い状態を保って目を使い続けるためには、その基盤をつくる子どもの時期にしっかりとケアをしておく必要があります。

 

この時期に子どもの目の成長を促す適切な対策を講じておくことが、将来の「見る力」を育てて「見える目」を子どもに授けることにつながります。

 

では、子どもにメガネをかけさせるタイミングは、いつが良いのでしょう。

 

これは、学校健診などを利用しながら検討するのが良いと思われます。その目安としては、裸眼視力が0.7以下になったときに検討することです。

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

ほしあい眼科 院長

1998年佐賀医科大学卒業後、佐賀医科大学付属病 院勤務。その後、三井大牟田病院勤務を経て、2000年 に東京理科大学生命科学研究所に入所。2001年より 栗原眼科病院にて副院長を務める。2010年4月にほしあい眼科を開院、現在に至る。網膜硝子体手術、斜視 手術を得意とし、多数の手術実績をもつ。眼科専門 医、PDT認定医、ボトックス認定医、トラベクトーム認 定医、ICL認定医、先進医療認定医ほか資格保持者。

著者紹介

連載眼科医が解説!親が知っておきたい「子どもの目の病気」

※本記事は、星合繁氏の著書『子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

星合 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

小児眼科の治療&手術実績多数! 20年以上のキャリアをもつ眼科医が 症状やその原因、病気を特定するための検査を徹底解説! 本書は子どもの動作や行動から「おかしい」と気づいたとき、 どのような目の病気が考えられるか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧