妻が深夜に男と密会…それでも親権を取れなかった夫の悲劇

いつの時代も尽きない離婚トラブル。相手がなかなか合意してくれない、条件が折り合わない…など、離婚するだけでも大変なものですが、その先にはさまざまな壁が立ちはだかります。知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は事例から、母親の「不倫」が親権者扱いにおいて不利な条件となるのか、見ていきましょう。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

「親権・監護権」は、離婚時にトラブルになりやすい

未成年の子どもがいる夫婦が離婚する場合、父か母のどちらか一方のみを子どもの親権者として離婚届に記載しなければなりません。すなわち、親権者を決めなければ、離婚をすることもできません。

 

かつては、子どもの親権者は、母親になることが多かったのですが、近年は夫婦共働き世帯の増加や、父親も積極的に育児に関与するという夫婦のあり方の増加に伴い、離婚の際に子どもの親権をめぐって夫婦で激しく対立するケースが増えています。

 

かつては母親が親権者になることが多かったが…(画像はイメージです/PIXTA)
かつては母親が親権者になることが多かったが…(画像はイメージです/PIXTA)

 

また、離婚する前に夫婦が別居に至る際に、別居後にどちらが子どもを監護養育するのか、すなわち子どもの監護権を巡って争いになるケースも増えています。

 

子どもの親権・監護権が争われた場合、

 

今まで夫と妻のどちらが子どもを育てていたか、どちらが今後も健やかに育てていけるか、子の養育態勢はどちらが整っているか

 

という点を中心に判断されます。

「不倫していたこと」は親権者争いで不利となるか?

Q.妻が他の男性と不倫していることが発覚しました。

 

妻は二人の子ども(5歳と2歳)を寝かしつけた後、深夜に他の男性と会って不倫をしていたようです。

 

これから離婚の話し合いになりますが、不倫をするような妻に子どもを任せるわけにはいきませんので、自分が親権者になって子どもを育てたいです。

 

妻が不倫をしていたということは、親権争いのなかでこちらから強く主張できますか?

妻の不倫は、「不利な要素」になりそうなものだが…

A.不倫をしていたことは、親権・監護権争いのなかではほとんど考慮されませんが、不倫行為が、子の養育に具体的に悪影響を及ぼしている場合には考慮されます。

 

妻が不倫しなければ、夫婦関係が悪くなることもなく、子どもたちも両親の離婚という不幸な経験をすることもなかったはずです。そのように考えれば、不倫をした、ということは子どもに対しての裏切り行為であり、したがって、それは親権・監護権争いのなかで不利な要素として考慮すべきようにも思われます。

 

しかし、子どもの親権・監護権というものは、今まで夫と妻のどちらが子どもを育てていたか、とか、どちらが今後も健やかに育てていけるか、子の養育態勢はどちらが整っているか、という点を中心に判断されます。

 

あくまでも、子どもの実際の養育方法や環境という観点で決せられるべきものなのです。

 

したがって、不倫をしていた、ということはけしからん行為であり非難の対象ではありますが、子どもの親権・監護権を決める際には特に考慮すべき要素とはされないのが裁判実務です。

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

北村氏が運営するメディア、 川崎・武蔵小杉の相続・離婚法律相談 はこちら!

著者紹介

連載事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧