「うまくいっているよ」妻に大嘘を続け…64歳夫の真実に絶句

本記事は『妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますのであらかじめご了承ください。

借金するも「うまくいっている」と嘘をつき続ける社長

《トラブル事例》会社が多額の借金を抱えるケース

 

外食チェーン店を経営する四条社長は新しく展開した店舗で食中毒を出してしまい、大きな借金を抱えることに。そして、キャッシュフローが悪化する中、ついにはそれまで付き合ってきた各銀行に返済スケジュールの変更をお願いするほどとなってしまった。

 

返済スケジュールの変更などの影響により、当面の間、銀行からの融資が困難になった。そのため、仕方なくあちこちから個人的な繋がりを利用して借入資金を作ることになり、借金も当初の想定より大きく膨らんでしまった。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

自分の相続に際して後継者が育たない場合、会社をたたむ必要があるが、すべての資産を売却しても、ようやく借入が返済できるがどうかという状況であった。

 

個人の資産は潤沢にあるが、事業に使ってしまうと老後の生活に不安が残る。若い頃から支えてくれた妻は最近病気がちなので心配をかけたくない。最近では少しの出費でも気にかけているようだ。そのため、四条社長は事業のことが話題になると「うまくいっている」と嘘をつき続けている。

 

なんとか事業を盛り返して借金を返済していきたいところだが、心労もあり自分の体調にも最近は不安を感じるようになってきた。自分にもしものことがあった場合、妻や娘の生活だけでも何とかしなければと考えると、不安でいてもたってもいられない。

 

事業に失敗して大きな借金
事業に失敗して大きな借金

新月税理士法人 代表社員

平成17年3月税理士登録 平成23年5月新月税理士法人設立
お客様の人生に添ったタックスプランを設計するタックスデザイナー。争いになる前の相続人同士の関係に配慮した細やかな調整から事業承継および相続のための株価算定、納税猶予などの資産税対策を通じてオーダーメイドの生涯タックスプランをデザインする。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

佐野 明彦

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな男性も妻や家族に隠し続けていることの一つや二つはあるものです。妻からの理解が得にくいと思って秘密にしている趣味、誰にも存在を教えていない預金口座や現金、借金、あるいは愛人や隠し子、さらには彼らが住んでいる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧