ヘッジファンドの具体的な投資戦略とは?(その2)

今回は、ヘッジファンドの具体的な投資戦略、「グローバル・マクロ戦略」「イベント・ドリブン戦略」等について見ていきます。

[3/10開催・会員限定セミナー]「ヘッジファンド投資」の魅力と活用法
ニューヨーク
から現役ヘッジファンドマネージャーが解説! >>詳細はこちら

マクロ経済要因に基づいて投資機会を追求

●グローバル・マクロ戦略

 

マクロ経済要因に基づいて投資機会を追求します。金利、為替市場、株式市場および世界的な政治・経済政策の変化の予測に基づいて、多くの金融商品、市場を対象として、取引を行います。

 

ジョージ・ソロスの「クオンタム・ファンド」やジュリア・ロバートソンの「タイガー・ファンド」などが典型的なグローバル・マクロ・ファンドとして知られています。ジョージ・ソロスは、英国ポンドが本来の価値より高く評価されていると判断し、1992年にイギリス政府の為替介入に対抗して、英国ポンドを空売りし大きな利益をあげました。

 

結果、英国ポンドは売り崩され、欧州為替相場メカニズムから脱落し、ソロスはイングランド銀行を打ち負かした男と呼ばれました。

 

 

合併・破産などに関わる会社に投資

●イベント・ドリブン戦略

 

合併、破産または特別な状況(リストラ、資本再編、会社分割、新会社設立など)に関わる、または関わることが予想される会社に投資します。合併先企業の株式との間で裁定取引を実施する場合がありますが、ファンダメンタル分析に基づき、ディレクショナルな投資をすることもあります。

 

ジョン・ポールソンの「ポールソン&カンパニー」は、いずれ米国の住宅バブルが弾けると2004年頃から判断していました。それにより、サブプライムローンに対してデリバティブを駆使し、売りのポジションを構築しました。その結果、2008年に住宅バブル崩壊のためサブプライムローンの証券化商品が大暴落し、「ポールソン&カンパニー」は150億ドルの利益をあげたと言われています。

 

2011年には運用資産は380億ドルに達しましたが、その後は運用が不振で今年の夏には自身のヘッジファンド運用会社をファミリーオフィスに転換することを投資家に宛てた書簡で説明しました。

 

イベント・ドリブン戦略の中には、以下のような戦略もあります。

 

★合併裁定取引戦略

2社以上の企業が係わる買収、合併、会社分割などの取引に関して、取引開始時点の企業の有価証券の価格と、完了した時点との価格差により利益を得ることを目指します。

 

★ディストレスト証券戦略

破産状態または破産が近い会社の債券と株式の両方に投資をします。一般的には、破産状態の会社または破産から立ち直りつつある会社の割安な証券(株式、債券)を購入しますが、破産が近いと思われる会社の証券を空売りすることもあります。

 

※本連載は2017年に連載されたものに加筆修正を加え編集しています。

 

 

【関連情報&イベント・セミナー】

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
幻冬舎グループのIFAによる「資産運用」個別相談会
認知症による金融資産凍結リスクを回避する信託」とは?
【3/3開催】初心者のための「仮想通貨」投資の法的リスクと対策
【3/3開催】独立系運用会社CEOが明かす「特化型ヘッジファンド戦略」のすべて
【3/4開催】コモンズ流30年・30社の企業」への厳選投資ノウハウ
【3/4開催】高所得者が密かに注目!「ドクターヘリ投資とは
※【3/9開催フロリダ・カリフォルニアの「住宅開発プロジェクト」投資
【3/9開催】今さら人には聞けない「オペレーティングリース投資の基礎講座
※【3/11開催償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力
※【3/11開催】「タンス預金」のグローバル活用術~ビットコイン編

 

幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載基礎知識から最新事情まで~オルタナティブ投資の「正しい」活用術2021

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧