「東芝メモリ」でも話題に…プライベート・エクイティ投資とは?

今回は、オルタナティブ投資の中でも、ヘッジファンド、不動産と並ぶ主要な戦略の1つである「プライベート・エクイティ投資」について見ていきます。

米国での量的緩和縮小インフレ懸念が強まる中で
注目される
「資産防衛術」
とは? >>10/8(金)開催

オルタナティブ投資の主要な戦略の1つ

プライベート・エクイティ投資は、オルタナティブ投資の中でも、ヘッジファンド、不動産と並ぶ主要な戦略の1つです。非上場企業の株式を取得した後に、企業価値を上げて他の事業会社へ売却する、または株式を上場させて市場で売却し、収益の獲得を目指します。一言でプライベート・エクイティ投資と言っても、運用会社の得意とするスタイル、企業のどういった成長過程において投資を行い、どのように収益に結びつけるかにより、手法が分かれます。

 

●ベンチャーキャピタル

企業の創業期や新しい事業に投資をする手法。投資資金の回収までの時間が長く、ハイリスクハイリターンな投資です。そのため、集中投資ではなく、資金を多くの案件に分散し小額出資することで、リスクをコントロールすることを目指します。

 

\投資対象は株式、債券だけではない!/ 金融資産1億円以上の方向け
「本来あるべきオルタナティブ投資 >>他、資産運用セミナー多数開催!

 

●バイアウト投資

機関投資家や個人投資家から広く集めた資金で、非上場企業や業績が悪くなった上場法人などに投資をします。必要であれば経営に関与し、企業価値を向上させた後に、転売や株式を上場させることで資金を回収し、利益を投資家に還元します。経営陣による自社株式の買取、独立するマネジメント・バイアウト(MBO)や、金融機関などから資金調達をして行うレバレッジド・バイアウト(LBO)もバイアウトの一形態です。

 

この他に、経営不振に陥った企業に投資する「企業再生投資」、経営破綻した企業や破綻懸念のある企業に投資する「ディストレスト投資」などがあります。世界的なプライベート・エクイティ・ファンドとして、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、ブラックストーン・グループ、カーライル・グループが有名です。

欧米に比べて日本での活用事例は少ないが・・・

日本では、2018年6月に、米投資会社のベインキャピタルを中心とする企業コンソーシアムが設立したPangeaによる東芝メモリの買収が完了しました。譲渡価格は約2兆円で当時大きな話題になりました。

 

日本では、プライベート・エクイティ・ファンドの活用事例が欧米に比べ少なく、一部のアクティビスト的なファンドが企業と対立し、交渉が決裂した事例が大きく取り上げられてきたことが一つの要因と考えられます。今後、本来のプライベート・エクイティ投資の意義が理解され、発展していくことを期待したいところです。

 

※本連載は2017年に連載されたものに加筆修正を加え編集しています。

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【9/28開催】フランチャイズ投資を成功させる!事例から学ぶ投資案件の見極め方

 

【9/28開催】ケーススタディで解説!「ハワイ不動産」の出口戦略

 

【9/28開催】現役ヘッジファンドマネジャーが解説!株式マーケットニュートラル戦略

 

【10/6開催】「遺言×家族信託×後見制度」企業・不動産オーナーのための相続対策

 

【10/6開催】一部の企業オーナーだけが実践している決算対策「オペリース」投資とは?

 

【10/8開催】量的緩和縮小インフレ圧力が強まる中で注目される「資産防衛」とは?

 

【10/8開催】「タンス預金」のグローバル活用術~ビットコイン編

 

幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載基礎知識から最新事情まで~オルタナティブ投資の「正しい」活用術2021

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!