上場企業のC/Sを見抜く…「P/Lは赤字でもC/Sは黒字」のナゾ

ビジネスパーソンの必須スキルの1つ、「会計」。ビジネス上で必要な数字を活用することは、実は「決算書を読む」というスキルでほぼ全て得ることができるという。今回は「キャッシュ・フロー計算書(C/S)」をテーマに、会計クイズに挑戦してみよう。※本連載は、大手町のランダムウォーカー氏の著書『会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

通常、「P/Lが赤字」なら「C/Sも赤字」だが…

C/S自体は少々理解しづらい部分もありますが、今回の問題はさほど難しくありません。ここで取り上げる企業は、2019年の同時期に上場した2社、「Sansan」と「スペースマーケット」です。

 

【今回の登場企業】

●Sansan

企業向けのSansan、個人向けのEightという名刺管理ツールを提供。

 

●スペースマーケット

あらゆるスペースを時間単位で貸し借りできるプラットフォームを運営。

 

この2社は上場してまもなくの決算書で、P/L上だと赤字です。P/L上では両社ともに赤字になっているのに、どちらか1社だけ、C/S上では営業キャッシュ・フローが黒字になっています。

 

では、見ていきましょう!

 

Q. Sansanのキャッシュ・フロー計算書はどちらでしょう?(図表1)

 

(C)OTE_WALK 2020
[図表1]SansanのC/Sはどちらでしょう? (C)OTE_WALK 2020

 

<2社のC/Sの違いを考える>

 

学生くん:

――「この2つのC/Sを見比べると、確かに営業C/Fのところだけ①はプラスで、②はマイナスになってますね。」

 

営業さん:

――「どっちもP/L上では赤字なのに、1社は営業C/Fが黒字で、1社は赤字なんですね…? どういうことなんでしょうか。」

 

投資家さん:

――「P/Lが赤字ならC/Sは赤字になっているはずと考えるのが普通なんだけどなぁ。そもそもこの2社がどういうビジネスでお金を稼いでいるかってとこを把握しておきたいんだけど…。」

「お金が入ってくるタイミング」に着目

<2社のビジネスモデルを考える>

 

銀行員さん:

――「Sansanは主に企業向けの名刺管理サービスを提供していてBtoBビジネスですよね。」

 

学生くん:

――「それで言うと、スペースマーケットは場所を貸したい人と借りたい人をマッチングするサービスなので、BtoCビジネスになりますかね。」

 

投資家さん:

――「スペースマーケットって、プラットフォームを提供してユーザーが1回使ったらその都度手数料をもらう感じだよね? ショットでの入金があるっていうか。Sansanはどうなんだろう?」

 

銀行員さん:

――「Sansanもサブスクリプションなら、登録ユーザーの数に応じて、毎月お金が入ってくる仕組みってことですね。」

 

営業さん:

――「あれ? いえ、Sansanはうちの会社でも導入してますが、年間契約でその年1年分の使用料を前払いしているみたいですよ。」

 

銀行員さん:

――「そうなんですか。言われてみれば確かに企業向けですし、手間を省くためにも毎月契約更新はしないですよね。ということは、Sansanはライセンス数×1年分の利用額がまとめて入ってくる…ということでしょうか。」

 

投資家さん:

――「なるほど、サービスの利用に応じてお金が入ってくるのは同じだけど、利用の都度お金が入るか、年間契約かの違いがありそうだね。前受けで入金があるってことは、まだ利益になっていないけど、お金の流れとしては先に現金が来るもんな。これは①がSansanだね。」

 

大手町さん:

――「正解。①がSansanだよ!」

 

(C)OTE_WALK 2020
[図表2]正解は選択肢①がSansan (C)OTE_WALK 2020

Twitterフォロワー数6万人超。公認会計士試験合格後、大手監査法人勤務を経て独立。「日本人全員が財務諸表を読める世界を創る」を合言葉に「大手町のランダムウォーカー」として「#会計クイズ」を始め、様々な業種・立場の人をネット上で巻き込み好評を博す。初の著書『世界一楽しい決算書の読み方』は、たちまち紙・電子累計で10万部を超えるベストセラーとなった。

現在は株式会社Fundaにて「#会計クイズ」を運営するほか、企業研修やコンサルティング業務も行っている。

株式会社Funda:https://www.funda.jp/
Twitter:【#会計クイズ】大手町のランダムウォーカー(@OTE_WALK)

著者紹介

連載クイズ×会話でビジネス戦略が見えてくる!世界一楽しい決算書の読み方

会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方

会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方

著:大手町のランダムウォーカー

イラスト:わかる

KADOKAWA

決算書は最高にシビれる“謎解き”だ! クイズ×会話で、数字に隠されたビジネス戦略が見えてくる。   「入門書を何冊も買って読んでしまう」「何回読んでも、なんとなくしかわからない」。なぜ決算書は「難しい」と感じる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧