いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

株価が大暴落した…「売り」か「買い」かの論争、ついに決着!

2020年、新型コロナの猛威が世界を襲いましたが、その脅威により経済活動が行き詰まりを見せた際、株価は大きく値を落としました。このとき、株式を売却したという投資家もいたのではないでしょうか。実際に株式が暴落したとき、売るべきなのでしょうか、持ち続けるべきなのでしょうか。考えていきます。※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

買い値に根拠があったならば「売り」ではない

市場全体も、個別銘柄それぞれも、株は暴落することがあります。では、そんな暴落時に、所有している株は売るべきなのでしょうか。株式投資の初心者であれば、誰もが悩むところではないでしょうか。

 

株式が暴落、どうしたらいい……(※画像はイメージです/PIXTA)
株式が暴落、どうしたらいい……(※画像はイメージです/PIXTA)

 

そもそも株が暴落するという現象は、避けて通ることができません。市場全体で見ると、記憶に新しいところでは「コロナ・ショック」「リーマン・ショック」といった大暴落がありましたが、それらより小幅な暴落ならば、もっと頻繁に起こっています。また、そのような市場全体の暴落とは無関係に、個別銘柄は悪材料によっても暴落してしまいます。

 

いつか必ず、それは起こると言ってもよいのです。そして、それがわかっていても、「では、いつ暴落するのか」は予想し難いものです。株の暴落は必ず起きることなのですが、そのタイミングを予想するのは、難しいことなのです。

 

しかし、買い値に根拠があったならば、暴落時でもその株を売るべきではないでしょう。

 

もしその買い値が適正ならば、時期が来ればまたその価格に戻るはずです。また、もしその買い値が十分に割安ならば、それはなおさらでしょう(その場合、そもそも暴落しないかもしれませんが)。

 

ですから、そこで売ってしまうと、高値で買って安値で売っただけになってしまいます。そして、その損失はまた別の銘柄を買って利益を上げて取り返さなければならないのですから、そんなことをせずに、また再上昇を待っていればよいだけなはずです。

 

暴落という現象は、自然災害のようなものだといえるのではないでしょうか。必ずそれは起こり、その国に被害をもたらします。しかし、その国にちゃんとした力があれば、その国がそれで滅びることなどありません。その被害をちゃんと回復させ、その国の人々は生き続けていくのです。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

株式会社ソーシャルインベストメント 取締役CTO

2013年、現在につながる株式投資手法に出合い、ソニーグループで会社員をしながら200万円を元手にトレードを開始。2014年には専業トレーダーとして独立し順調に資産を伸ばす。2016年、わずか1ヵ月で全財産3,000万円をなくし、タクシー運転手として再就職、再び兼業トレーダーとなる。2017~2018年、年利300~400%達成。2019年、株式会社ソーシャルインベストメントにて、多くの教え子を稼げるトレーダーへ導くべく活動している。

著者紹介

連載個人投資家が「株式投資」で勝ち続けるための極意

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧