その他 離婚
連載プリン騒動【第5回】

「ふざけないで!!」嫁激怒…朝帰り夫が不機嫌な声で衝撃の一言

夫婦

「ふざけないで!!」嫁激怒…朝帰り夫が不機嫌な声で衝撃の一言

幻冬舎ゴールドライフオンラインの人気エッセイ『プリン騒動』。結婚、出産、そして離婚…双子を育てる主婦が記した壮絶な義両親とのバトル。なぜ彼女は苦しい日々を一冊の本にまとめたのか? 衝撃の実話を、連載にてお届けします。

「仕事の飲み会なら仕方ない」はずが…

夫は週三回ペースで飲みに出かけて行った。最初は、「仕事の飲み会なら仕方ない」と大目に見ていた。私は特に細かい事は聞かずに余計な詮索はしなかった。しかし、さすがに毎週頻繁に、それも同じ相手となると否が応でも疑惑は生まれる。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

会社は作業服にワイシャツ・ネクタイまたは、作業服・ポロシャツで出勤していたが、いざお出かけとなると、高価なジャケットとシャツとスラックスに身を整える人だった。よそいきの服によそいきの顔を着けて出かけて行く。

 

確かに見栄えの良い男だった。センスの良さは認める。まるで、若い蝶がヒラヒラと夜に咲く花を探し求めるかのように。そこには色の香りが漂っていた。

 

案の定、今夜も飲み会らしい。

 

「田中さんと飲みに行くから」と夫はシャワーを浴びに着替えを持って風呂場へ向かった。私は「今日も同じ人?」と心の中で?マークをつけながら独り言を呟いていた。

 

するとその時、夫が脱いだ作業着のポケットの中で携帯電話が鳴った。人の携帯に断りなく出る行為は正しくないと判断していたが、十回以上鳴っているではないかとかけている相手を思い考えを改めた。

 

多分今夜の飲み会のお客様から急用の連絡かもしれない、私はそっと携帯を手にとり無言で出た。

 

女の勘が働く。「無言で出なさい」

1962年生まれ。みずがめ座、A型。

栃木県の高校を卒業後、スーパーへ就職。ゴルフ、スキー、テニスの等スポーツ用品売場の担当となり、接客の仕事の楽しさを学ぶ。人とのコミュニケ―ションの大切さと面白さを会得したことは財産でもある。母親に似た人見知りをしない明るく前向きな性格は、苦しい時に大きな助けとなった。現在は接客の仕事につき、人とかかわる仕事はやはり自分に向いていると実感。「自分は何をしたいのか? どう生きたいのか?」を自問自答する一方、未来が楽しみでワクワクしている。“一生勉強”をモットーに、上を目指して生きたいと考えている。

著者紹介

連載プリン騒動

プリン騒動

プリン騒動

風間 恵子

幻冬舎

子育てに奮闘する主婦の衝撃の実話 「ママ、プリン作って」——そんな、我が子の無邪気な一言が、家族バトル勃発の引き金になろうとは……。結婚、出産、そして離婚。 「私の人生捨てたもんじゃあない!」妻として、母とし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧