ECB事前予告どおりの政策からのメッセージ

今回のECB政策理事会での追加金融緩和は、前回の理事会で実施が予告されていたこと、ECBのラガルド総裁らが講演などで金融政策の内容(PEPP主体)を示唆していたこともあり、市場の反応は限定的でした。あえて言えば小幅ながらユーロ高とドイツ国債利回りの上昇(価格は下落)が一時的に見られた背景を、政策の内容を振り返りながら考えます。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。

[3/10開催・会員限定セミナー]「ヘッジファンド投資」の魅力と活用法
ニューヨーク
から現役ヘッジファンドマネージャーが解説! >>詳細はこちら

ECB政策理事会:事前予告どおりに半年ぶりの追加金融緩和を公表

欧州中央銀行(ECB)は2020年12月10日に開催した政策理事会で、事前予告どおり追加金融緩和を決定しました。ただユーロ高に対する発言は従来どおりの内容にとどまりました。主な決定内容は新型コロナウイルス対応の資産購入特別枠(PEPP)を5000億ユーロ拡大(総額1.85兆ユーロ、現在は1.35兆ユーロ)です(図表参照)。

 

出所:欧州中央銀行(ECB)を参考にピクテ投信投資顧問作成
[図表]20年12月ECB政策理事会の主な決定事項 出所:欧州中央銀行(ECB)を参考にピクテ投信投資顧問作成

 

また、条件付長期貸出制度(TLTROⅢ)の条件緩和適用期間を2022年6月まで延長すると共に、借入枠拡大、オペ回数追加などが公表されました。

どこに注目すべきか:PEPP、TLTROⅢ、期間延期、購入枠、APP

今回のECB政策理事会での追加金融緩和は、前回の理事会で実施が予告されていたこと、ECBのラガルド総裁らが講演などで金融政策の内容(PEPP主体)を示唆していたこともあり、市場の反応は限定的でした。あえて言えば小幅ながらユーロ高とドイツ国債利回りの上昇(価格は下落)が一時的に見られた背景を、政策の内容を振り返りながら考えます。

 

ヘッドライン11月27日号『ECB議事要旨に見る次回の金融政策の再調整』(関連記事参照)で12月の理事会で想定される金融政策について言及しました。当時の市場予想としてPEPPは21年12月迄延期、またその時点まで現在の購入ペースを続けるなら追加購入額は5000億ユーロ程度が見込まれると述べています。ただ、その後新型コロナの経済への影響などから市場では一部に22年6月迄の延期を見込む声もありました。

 

今回のPEPPの延期期間は中間となる22年3月であり、ある意味、市場予想の平均と言えそうです。しかし、追加購入額は5000億ユーロのままでは、購入ペースが(将来的に)減額するわけで、この点では緩和姿勢の後退とも見られます。

 

また、声明文には拡大した緊急購入枠を必ずしも全額使うとは限らないとの「ただし書き」が付けられています。追加前の総額である1.35兆ユーロについてラガルド総裁は「使い切る」ことを前提としていましたが、今回は会見でもPEPPは上限であって使い切る必要はないとも述べています。購入姿勢後退の背景について、報道では、ECB内部で購入規模拡大に反対する声にも配慮したと伝えられています。

 

ただし、あえてタカ派(金融引締めを選好)の材料だけを今まで述べてきましたが、今回の「再調整」は全体的には金融緩和政策であることに変わりはないと見ています。例えば、ECBからユーロ圏の銀行への融資するスキームであるTLTROⅢは提供する有利な金利の引き下げ期間が21年半ばから22年半ばまで1年間延長されました。市場では半年程度の延期を見込んでいた点で、ハト派(金融緩和を選好)的と見られます。

 

そのほか、緊急時の融資であるPELTROsの追加オペが盛り込まれ、既に借入限度に近づいた銀行への支援などきめ細かな対応が見られます。PEPPのような債券購入に比べ、融資の支援は、仕組みも複雑でわかりにくいことから、銀行にとっては有効な政策であっても、市場全般での注目度は低い印象もありますが、その役割は重要と思われます。

 

なお、債券購入政策には課題もあります。それは、主に債券を購入する資産購入プログラム(APP)とPEPPの役割分担です。PEPPはコロナの緊急対応で導入された一方、APPは平時の量的金融緩和と形式的には区分されます。APPは今後も現状ペースで購入が続けられることとなりました。

 

一方、PEPPの期間の延長についてラガルド総裁は記者会見で、21年末までに集団免疫が達成されるとの見方を反映して決めたと説明しています。またPEPPは社債や、国債利回りなど現在の市場機能を維持するために行うとも述べています。ワクチンが広まるのに相当時間はかかるにせよ、今注目のPEPPからAPPへのスムーズなバトンタッチが求められそうです。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『ECB事前予告どおりの政策からのメッセージ』を参照)。

 

(2020年12月14日)

 

梅澤 利文

ピクテ投信投資顧問株式会社

運用・商品本部投資戦略部 ストラテジスト

 

【関連情報&イベント・セミナー】

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
幻冬舎グループのIFAによる「資産運用」個別相談会
認知症による金融資産凍結リスクを回避する信託」とは?
【3/3開催】初心者のための「仮想通貨」投資の法的リスクと対策
【3/3開催】独立系運用会社CEOが明かす「特化型ヘッジファンド戦略」のすべて
【3/4開催】コモンズ流30年・30社の企業」への厳選投資ノウハウ
【3/4開催】高所得者が密かに注目!「ドクターヘリ投資とは
※【3/9開催フロリダ・カリフォルニアの「住宅開発プロジェクト」投資
【3/9開催】今さら人には聞けない「オペレーティングリース投資の基礎講座
※【3/11開催償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力
※【3/11開催】「タンス預金」のグローバル活用術~ビットコイン編

ピクテ投信投資顧問株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

ピクテは1805年、スイス、ジュネーブにおいて会社創設以来、一貫して資産運用サービスに従事し、運用サービスに特化したビシネスモデルを展開してまいりました。信用格付ではフィッチ・レーティングスからAA-の格付けを取得しております(2018年5月末現在)。注:上記の格付はピクテ・グループの銀行部門の債務の信用に対するもので、運用部門や運用能力に関するものではありません

1981年、日本経済や株式市場の調査を目的に東京事務所を設立しました。その後、1987年から機関投資家を対象とした資産運用サービス業務を開始、1997年には投資信託業務に参入し、運用資産総額は1.98兆円となっています(2018年12月末現在)。外資系運用機関の大手の一角として、特色ある資産運用サービスをお届けしております。

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・ヘッドライン

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧