大統領選後、米ドル/円安の動きがユーロや豪ドルより鈍いワケ

「コロナ後」の世界的な株高トレンドにおいて、米ドル/円は緩やかな米ドル安・円高が続いています。一体なぜなのでしょうか。FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が解説します。

【無料】メルマガ登録こちら

「12/14~12/20のFX投資戦略」のポイント

[ポイント]​

・先週にかけて、ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドルなどがこれまでのレンジを大きく上放れてきた。これが米大統領選挙後に一方向への大きな動きが広がるといった「アノマリー」が一因なら、短期間にユーロ/米ドルは1.25米ドル、豪ドル/米ドルは0.76米ドルを目指す見通し。

・これは、選挙前の小動きで溜まったエネルギーが、選挙後の「無敵の株高」というテーマを受けたリスクオンの米ドル売りとして発散された可能性がある。

 

リスク音の米ドル売りとして拡散された?(画像はイメージです/PIXTA)
「リスクオンの米ドル売りとして拡散」したことが原因か?(画像はイメージです/PIXTA

米大統領選後、大きく動き出したドルストレート

米大統領選挙の後、為替相場は一方向への大きな動きになるプライス・パターンがあります。今年の選挙後には、米ドル/円はこれまでのところそういった傾向は見られていません。ただ、ユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルといったドルストレートは、先週にかけてそれまでのレンジを大きく上放れてきました図表1、2参照)。

 

出所:マネックストレーダーFXをもとに作成
[図表1]ユーロ/米ドルの日足チャートの推移 (2020年9月~) 出所:マネックストレーダーFXをもとに作成

 

出所:マネックストレーダーFXをもとに作成
[図表2]豪ドル/米ドルの日足チャートの推移(2020年9月~) 出所:マネックストレーダーFXをもとに作成

 

このようなドルストレートの動きは、ファンダメンタルズでは説明しにくい面があります。たとえば、ECBは先週追加緩和を決めましたが、上述のようにユーロ/米ドルはユーロ高圏での推移となっています。また、このところ豪州にとって貿易関係が強い中国との関係悪化が目立っていますが、豪ドル/米ドルは豪ドル一段高となったわけです。

 

そんなユーロ/米ドル、豪ドル/米ドルに共通しているのは、大統領選挙後に90日MA(移動平均線)±2%のレンジをブレークした方向に大きく動いているということです(図表3、4参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表3]ユーロ/米ドルの90日MAからのかい離率 (2020年4月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表4]豪ドル/米ドルの90日MAからのかい離率 (2020年4月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

これは前回、2016年の米大統領選挙後にも見られた現象でした。前回は選挙まで90日MA±2%での小動きが続いていたものの、選挙後にそのレンジを、方向こそ今回とは逆で下方向にブレークすると、ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドルともかい離率は短期間にマイナス5%前後へ急拡大となったのです(図表5、6参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表5]ユーロ/米ドルの90日MAからのかい離率 (2016年4月~2017年3月) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表6]豪ドル/米ドルの90日MAからのかい離率 (2016年4月~2017年3月) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

今年は2016年と方向は逆で、90日MA±2%のレンジを上方向にブレークし、大きく動き始めています。これが、前回同様にかい離率が短期間にプラス5%へ拡大する動きなら、ユーロ/米ドルは1.25米ドルを、豪ドル/米ドルは0.76米ドルを目指しているといった計算になり、実際に豪ドル/米ドルは先週までの段階で、すでに0.76米ドルに急接近となっているのです。

 

以上のように見ると、ユーロや豪ドルのファンダメンタルズからすると逆方向とすら感じられる最近にかけての大きな動きの一つの理由は、大統領選挙後は一方向へ大きな動きになるといった、これまでも繰り返されてきたプライス・パターン(「アノマリー」と呼びます)といえるでしょう。

 

ただそれでも、大きく動き出した方向がなぜユーロ高、豪ドル高なのかといった疑問は残ります。その謎をとく鍵は、米ドル安ということにあります。

なぜ米ドルは「一段安」となったのか?

米大統領選挙後の顕著な動きとして世界的な株高がありました。米国を始めとした世界の主要な株価指数は軒並み高値を更新、どんな材料にもことごとく買いで反応する「無敵の株高」の様相が広がりました。

 

3月の「コロナ・ショック」の株大暴落が一段落した後からは、株高、リスクオン局面では米ドル売りが目立つようになりました。その意味では、「無敵の株高」で米ドル売りが広がったのは理解できるところでしょう。

 

事実として、大統領選挙前はユーロ/米ドルも豪ドル/米ドルも、90日MA±2%といった狭い範囲での小動きが続いています。小動きが続くとエネルギーは溜まる、その溜まったエネルギーが選挙後に「無敵の株高」というテーマを受けて米ドル売りで発散されたこことから、米ドル安方向に大きな動きとなり、その裏返しとしてのユーロ一段高、豪ドル一段高ということなのではないでしょうか。

 

ではなぜ、米ドル/円は米ドル安方向への大きな動きとならないのでしょうか。

 

「コロナ後」の株高トレンドにおいて、米ドル/円は緩やかな米ドル安・円高が続いてきました。ユーロや豪ドルに対するより、円に対しての米ドル安のペースが緩やかだったのは、リスクオンでは米ドル売りと円売りが綱引きになり、一方的な米ドル安になりにくいためではないかとの見方がありました。

 

そうであれば、選挙後の株高のなかでも米ドル/円の米ドル安ペースが鈍いのは当然ということかもしれません。米ドル/円の緩やかな下落トレンドが変わるためには、むしろ株高トレンドの変化が必要だといえます。

 

 

 

吉田 恒

マネックス証券

チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

 

 

 

※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

 

 

【5月開催のセミナー】

 

【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/8開催】富裕層が知っておくべき「中古アパートローン」最新事情

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/14開催】年10%利回り10年間保証「ベトナム・リゾートホテル投資

 

【5/14開催】第1期・2期完売「三軒茶屋・不動産小口化」第3期最新情報

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧