「長男と娘には頼めん」70代社長のキツすぎる苦悩…衝撃結末

本記事は書籍『会社を息子に継がせるな』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。刊行当時より税制・法令改正等ございますが、相続対策の成功事例として再掲します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

息子、娘には頼めない…70代敏腕社長の苦悩

北陸地方で有数の技術力を持った、ある金属加工メーカーがありました。当時70代のオーナー社長から、最初の相談を受けたのが05年末のことでした。

 

【執筆者が登壇/オンライン】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

開催目前!「不動産を相続」した方【必見】⇒詳細はコチラ

 

その会社は、名前を聞けば誰でも知っている東証1部上場企業と縁が深く、長年にわたって部品を納入していました。売上の過半はその上場企業に依っており、当時年商は30億円ほどで、高い利益体質を誇っていました。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ご多分にもれず、この会社も後継者のことで悩みを抱えていました。息子さんはいたものの、諸事情により社内には入っておらず、後継には無理がありそうでした。娘さんも管理担当として社内にいましたが、力仕事を伴う事業を継がせるには忍びないという気持ちがオーナー社長にはあったようです。

 

当初、相談を受けて考えたのは、納入先の上場企業に買収を持ちかけるという方向性でした。オーナー社長の会社は、長年、その上場企業の下請けとして貢献してきたわけで、上場企業もその技術を評価していたからです。

 

実際、特定の数社との商取引が売上の大半を占めるといったケースでは、キーとなる会社に買収を持ちかけるといったことはよくあります。実態としては親会社と子会社のような関係になっているケースもあり、〝親会社〟に妥当な価格で引き取ってもらえるなら、話も早くまとまるからです。

株式会社スターシップホールディングス 代表取締役兼CEO

税理士・米国公認会計士。東京の独立系M&A専門会社にて、後継者難の企業に対するM&Aコンサルティング、M&Aによる企業再建コンサルティングを手掛ける。その後、監査法人系公認会計士事務所にてベンチャー企業の新興市場への公開支援業務、企業価値評価業務を手掛ける。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

会社を息子に継がせるな

会社を息子に継がせるな

畠 嘉伸

幻冬舎メディアコンサルティング

現在、9割の中小企業経営者が後継者不在という問題を抱えています。息子がいない、いても“家業"に興味を示さない、あるいはオーナー社長が手塩にかけてきた会社を任せられるほどの才気がない。だからといって、廃業を選んでし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧