父からの相続不動産を売却…思わぬ「税務署からの指摘」に唖然

相続した不動産を売却した際、ちゃんと税金を申告したつもりが、税務署から指摘を受け、 追徴課税をかせられる場合があります。相続税申告を数百件経験した相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の山田浩史税理士が、その理由を説明します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

過去に「買換特例」を適用した場合には注意が必要

不動産を売却した際は、次の計算方法により譲渡所得が出る場合には所得税の申告や納税が必要になります。

 

【計算方法】売却代金−取得費−譲渡費用

 

売却代金や譲渡費用(仲介手数料等)は売却時に発生する入出金のため金額は明らかですが、取得費については不明であることが少なくありません。

 

今回は、特に相続した不動産を売却する場合における取得費に着目してお話をします。

 

まず、次のような事例の場合、子が相続した不動産を売却した際の譲渡所得計算上の取得費はいくらになるでしょうか。

 

[昭和30年]
祖父、500万円でA不動産を購入

[昭和50年]
祖父から父にA不動産を引き継ぎ

[平成10年]
父、A不動産を2,000万円で売却し、B不動産を2,000万円で購入

[令和2年]
父から子へB不動産を引き継ぎ
子、B不動産を3,000万円で売却

 

答えは「父が自宅不動産を買い換えた際に、所得税の買換特例の適用を受けているかどうか」によります。

 

特定のマイホームを買い換えたときの特例

居住期間が10年以上であることなどの一定要件を満たすマイホームを売却し、その売却代金を元手に新たなマイホームを購入した場合には、本来税金の対象になる譲渡益が繰り延べられる特例です。

 

たとえば上記の事例ですと、父が平成10年にA不動産を売却した際には、譲渡益1,500万円(2,000万円−500万円。説明を簡潔にするため譲渡費用は考慮しません)が所得税の対象になりますが、同年に売却代金を元手に同額のB不動産を購入していますので、翌年の確定申告において買換特例の適用を受ける申告をすることにより、譲渡益1,500万円への課税は将来B不動産を売却するときまで持ち越されることになります。

 

すなわち、買換特例の適用を受けた場合、令和2年に子がB不動産を売却した際の譲渡益は1,000万円(3,000万円−2,000万円)ではなく、これに繰り延べられた1,500万円を加えた2,500万円になるということです。

 

もし、A不動産の取得費が引き継がれていることを知らずに譲渡益1,000万円に対してのみ申告をした場合には、言うまでもなく税務署からの指摘により追徴課税を受けることとなってしまいます。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

税理士法人ブライト相続 税理士

東京都杉並区出身。2012年、税理士法人レガシィ入社。200件超の相続税申告、相続税還付、税務調査対応、譲渡所得税申告、遺言書作成その他の相続対策コンサルティング業務など、数多くの資産税関連業務に従事。2019年、税理士法人ブライト相続入社。

著者紹介

連載実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧