わかりますか?中学受験レベルの問題「江戸時代の身分制度」

江戸時代、武士や農民には重い義務が課せられました。それにも関わらず、争いがほとんど起こらない「太平の世」となったのは一体なぜなのでしょうか。身分制度に焦点を当て、江戸幕府が強い支配力を保った背景を見ていきます。※本連載は中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表・松本亘正氏の著書『中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる合格する歴史の授業 下巻(江戸~昭和時代)』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

同じ「大名」でも異なる待遇…江戸時代の大名は3種類

次の文章を読みながら、【①】~【⑮】を埋めましょう。答えはページ下部を参照(PCの場合は【 】内部をマウスでドラッグしても参照可能です)。

 

ところで、大名(だいみょう)とは何のことだかわかりますか? なんとなく、その地域を治めている人ということは想像できると思いますが、正しくは、大名は将軍(しょうぐん)から1万石(ごく)以上の領地を与えられた武士(ぶし)のことを言います。

 

ちなみに1万石未満で将軍(しょうぐん)と会うことを許された家臣を【①旗本(はたもと)】、許されなかった家臣を【②御家人(ごけにん)と言います。さて、大名は全国で260あまりに上りました。それを幕府(ばくふ)は、次の3種類に分けたのです。

 

●親藩(しんぱん):徳川氏(とくがわし)一族。御三家(ごさんけ)(水戸〔みと〕・尾張〔おわり〕・紀伊〔きい〕)が有名。

●譜代(ふだい):関ヶ原(せきがはら)の戦いの前から徳川氏に従っていた大名。

●外様(とざま):関ヶ原の戦い以後、徳川氏に従った大名

 

譜代は【③譜代大名、外様は【④外様大名とも呼ばれます。外様という言葉は、会社でも使いますよ。あとから入社してきた人や、もともと別の会社で働いていて最近入ってきた人たちを指します。

 

「いや、俺って外様でしょ…。だから、みんなから信頼されていないんじゃないかと不安になって…」というように使われたりします。

 

幕府は【④】を警戒します。なぜなら、彼らは関ヶ原の戦いで家康(いえやす)が勝ったことで、しぶしぶ仲間になった人たちだからです。何かあれば反乱を起こすかもしれません。

 

そこで幕府は、江戸(えど)の近くや重要な地方には親藩や譜代大名を、遠い地方には外様大名を配置し、互いに監視し合うしくみにしました。

 

<①~④の解答> ※PCの場合、上記【 】の中をマウスでドラッグ。

①旗本(はたもと)

②御家人(ごけにん)

③譜代大名

④外様大名

「将軍の権力」が圧倒的に強い江戸幕府

江戸幕府のしくみを簡単に表で説明しましょう(図表1)。前回の記事『わかりますか?中学受験レベルの問題「江戸幕府ができるまで」』で説明したように、3代将軍の家光(いえみつ)の頃に政治のしくみはほぼ完成しました(関連記事参照)。政治の実権は将軍が握っており、将軍を助け、政治全般を見る【⑤老中(ろうじゅう)が置かれました。

 

※太字の役職は譜代大名の中から選ばれることが多かった。いかに譜代を重視していたかがわかる
[図表1]江戸幕府のしくみ ※太字の役職は譜代大名の中から選ばれることが多かった。いかに譜代を重視していたかがわかる

 

鎌倉(かまくら)時代には執権(しっけん)、室町(むろまち)時代には管領(かんれい)が、それぞれ将軍を補佐する役職として設けられていました。でも、江戸幕府の場合は、将軍の権力が圧倒的に強いのです。それが、鎌倉幕府・室町幕府との大きな違いです。

 

鎌倉、室町とも執権、管領が強く、将軍の権力が弱まってしまったので、江戸幕府はそれを避けようとしたのでしょう。

 

また、鎌倉時代に後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)が起こした乱がありましたね。覚えていますか? 1221年の承久(じょうきゅう)の乱です。

 

あの出来事の後、京都にある朝廷(ちょうてい)を監視するために六波羅探題(ろくはらたんだい)が置かれました。江戸幕府は、同じ失敗はしないぞと、はじめから【⑥京都所司代(きょうとしょしだい)という朝廷を監視する役所をつくっています。過去の歴史を参考にしているのですね。

 

幕府は直接治める【⑦天領(てんりょう)を400万石持ち、旗本や御家人の領地と合わせると700万石、実に4分の1が幕府の領地でした。それだけ大きな力を持っていたのです。

 

イラスト:遠藤庸子(silas consulting)
過去の幕府より強い権力を持った江戸幕府の将軍 イラスト:遠藤庸子(silas consulting)

 

<⑤~⑦の解答> ※PCの場合、上記【 】の中をマウスでドラッグ。

⑤老中(ろうじゅう

⑥京都所司代(きょうとしょしだい)

⑦天領(てんりょう)

 

 

中学受験専門塾ジーニアス 運営会社代表 

慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は東京・神奈川の6地区に校舎がある。

ジーニアスはハイレベルな少人数制指導塾として、1学年200人強から開成、麻布などの御三家各校、筑波大附属駒場、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、ラ・サールなど超難関校に例年合格者を多数輩出しており、募集時には毎年満席になる校舎もある。また、家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当し、高校受験生からの支持も厚い。

おもな著書に『合格する算数の授業 図形編・数の性質編』『合格する地理の授業 47都道府県編・日本の産業編』(実務教育出版)があり、ほめて伸ばすだけをよしとしない、タイプ別に子どもへの対応方法を変えるなど独自の子育て論にも注目が集まっている。

著者紹介

連載難関中学合格率約60%・人気塾の授業を再現!ガツンとわかる「江戸時代」

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 下巻(江戸~昭和時代)

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 下巻(江戸~昭和時代)

松本 亘正

実務教育出版

難関中学合格率約60%の中学受験専門塾の合格授業を再現! 中学入試の社会・歴史(江戸~昭和時代)のポイントが、心から理解できる一冊。 【本書の特徴】 ●イラスト&図解で楽しくスイスイ読める! ●自分で考えて解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧