説明できますか?…江戸の町人文化が発展「化政文化」の特長

中学入試で狙われやすい「江戸時代」、正しく理解できていますか? 今回のテーマは「化政文化」。江戸時代後期、19世紀前半を最盛期として発展した町人文化です。文学では後世にわたりリメイクされ続けてきた「八犬伝」の執筆、美術ではヨーロッパにジャポニズムを巻き起こした様々な浮世絵が生まれ、学問では国学や蘭学が大成しました。ここではややこしい「化政文化」について中学受験レベルで解説します。※本連載は中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表・松本亘正氏の著書『合格する歴史の授業 下巻(江戸~昭和時代)』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

日本史上最長の古典文学「南総里見八犬伝」もこの時代

次の文章を読みながら、【①】~【⑤】を埋めましょう。答えはページ下部を参照(PCの場合は【 】内部をマウスでドラッグしても参照可能です)。

 

18世紀末から19世紀初期、11代将軍家斉(いえなり)の頃の文化を【①化政(かせい)】文化と言います。元禄(げんろく)文化は、上方(かみがた〔大阪・京都〕)中心で、商人と言っても豊かな商人中心であったのに対し、【①】文化は、江戸中心、そして庶民が文化の担い手でした(元禄文化については、前回の記事『現代では考えられない…江戸時代「経済が急成長を遂げた」背景』参照)。

 

<【①】文化の文学>

 

●滝沢馬琴(たきざわばきん/曲亭〔きょくてい〕馬琴)

儒教的な考え方をもとに、善い行いを勧め、悪をこらしめる『南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)』を書いた。

 

●十返舎一九(じっぺんしゃいっく)

弥次さん、喜多さんの2人が、東海道を江戸から大阪へ向かう様子を、各地の名物を取り入れながらおもしろおかしく書いた。

 

●与謝蕪村(よさのぶそん)

俳諧(俳句)で有名。「菜の花や 月は東に 日は西に」

 

●小林一茶(こばやしいっさ)

俳諧で有名。「雀の子 そこのけそこのけ 御馬が通る」

 

<①の解答> ※PCの場合、上記【 】の中をマウスでドラッグ。

①化政(かせい)

ヨーロッパにジャポニズムを起こした「浮世絵」の数々

図表1は、【②喜多川歌麿(きたがわうたまろ)の浮世絵です。彼は、美人画ばかりを描いたそうですが…、美人の基準は時代によって異なるようです。

 

みなさんはどう思いますか? ちなみに彼が描いたモデルは、たちまち江戸中で有名になったそうです。

 

(画像/PIXTA)
[図表1]【②】の美人画 (画像/PIXTA)

 

図表2・図表3の絵は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。【③葛飾北斎(かつしかほくさい)】の代表的な風景画・浮世絵『富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)』です。ちなみに、三十六景だから36枚の予定だったのに、あまりにも評判がよいので、10枚増やしたとか。

 

(画像/PIXTA)
[図表2]【③】の浮世絵『富嶽三十六景』 (画像/PIXTA)

 

(画像/PIXTA)
[図表3]【③】の浮世絵『富嶽三十六景』 (画像/PIXTA)

 

図表4は、【④歌川広重(うたがわひろしげ/安藤広重)】の『東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)』の1枚です。図表5は、東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)の浮世絵。写楽は1年足らずでたくさんの浮世絵(錦絵〔にしきえ〕)をつくった後、姿を消した謎の絵師として知られています。

 

(画像/PIXTA)
[図表4]【④】の浮世絵『東海道五十三次』 (画像/PIXTA)

 

(画像/PIXTA)
[図5]東洲斎写楽の浮世絵 (画像/PIXTA)

 

【ポイント】

『富嶽三十六景』『東海道五十三次』は元禄文化ではなく、化政文化の作品です。 2つの文化の違いを復習しておきましょう。

 

<②~④の解答> ※PCの場合、上記【 】の中をマウスでドラッグ。

②喜多川歌麿(きたがわうたまろ)

③葛飾北斎(かつしかほくさい)

④歌川広重(うたがわひろしげ/安藤広重)

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

中学受験専門塾ジーニアス 運営会社代表 

慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は東京・神奈川の6地区に校舎がある。

ジーニアスはハイレベルな少人数制指導塾として、1学年200人強から開成、麻布などの御三家各校、筑波大附属駒場、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、ラ・サールなど超難関校に例年合格者を多数輩出しており、募集時には毎年満席になる校舎もある。また、家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当し、高校受験生からの支持も厚い。

おもな著書に『合格する算数の授業 図形編・数の性質編』『合格する地理の授業 47都道府県編・日本の産業編』(実務教育出版)があり、ほめて伸ばすだけをよしとしない、タイプ別に子どもへの対応方法を変えるなど独自の子育て論にも注目が集まっている。

著者紹介

連載難関中学合格率約60%・人気塾の授業を再現!ガツンとわかる「江戸時代」

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 下巻(江戸~昭和時代)

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 下巻(江戸~昭和時代)

松本 亘正

実務教育出版

難関中学合格率約60%の中学受験専門塾の合格授業を再現! 中学入試の社会・歴史(江戸~昭和時代)のポイントが、心から理解できる一冊。 【本書の特徴】 ●イラスト&図解で楽しくスイスイ読める! ●自分で考えて解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧