都道府県別「医療費」ランキング…1位と47位で18万円の格差

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、「医療費」について考えていきます。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

新型コロナウイルス、インフルエンザとの同時流行は?

新型コロナウイルス感染の第三波の到来。すでに到来しているといわれていたり、瀬戸際といわれたりと専門家の間で言い回しの違いはありますが、確実に新規感染者は増えています。

 

厚生労働省11月11日発表は、以下の通りです。

 

【国内の状況】
国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は110,156例、死亡者は1,841名となりました。

また、入院治療等を要する者は9,162名、退院又は療養解除となった者は99,108名となりました。

【PCR検査の実施件数】
2月18日~11月9日までの国内(国立感染症研究所、検疫所、地方衛生研究所・保健所等)におけるPCR検査の実施件数は、3,367,401件
 
出所:厚生労働省(2020年11月11日発表時点)
[図表1]新型コロナウイルス新規陽性者の推移 出所:厚生労働省(2020年11月11日発表時点)
出所:厚生労働省(2020年11月11日発表時点)
[図表2]新型コロナウイルス入院治療等を要する者の数の推移 出所:厚生労働省(2020年11月11日発表時点)
出所:厚生労働省(2020年11月11日発表時点)
[図表3]新型コロナウイルス死亡者数累計推移 出所:厚生労働省(2020年11月11日発表時点)

 

GoToキャンペーンで人の移動は活発化していますし、冬の到来でウイルスが活動しやすいといわれる乾燥する日が増えていくので、素人的にも「こうなるだろうな」とある程度予測をしていたことでしょう。

 

ちなみに、新型コロナウイルスと同時流行が懸念されていた従来のインフルエンザですが、厚生労働省発表の「インフルエンザ定点当たり報告数・都道府県別」によると、2020年44週(10月26日~11月1日)で、全国の報告数は32件(前年同時期は4682件)。8月31日以降、入院患者の届け出数は累計12件(10月は10件)。保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校において休校や学年閉鎖、学級閉鎖があったのは、北海道で2件、福岡県で1件となっています。

 

流行が遅れているのか、それともよくいわれているように、新しい生活様式に対応した日本人、感染症予防が浸透し、従来のインフルエンザの流行は抑制できているのか、定かではありませんが、いまのところ、同時流行には至っていないようです。とはいえ、入院患者数は8月1件、9月1件だったのが、10月に10件と、寒く乾燥する日が多くなって来たのに従い増えているので、例年通り、細心の注意を払うことに越したことはありません。

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧