手取り18万円…30代夫婦が「住宅ローン破綻」借金額に絶句

夢のマイホームを購入する際、多くの人が利用する住宅ローン。通常、専門家のアドバイスを受けながら無理のない返済計画を立てますが、長い人生、何が起こるかわかりません。思わぬトラブルによって返済困難な状況に陥ると、最悪の場合、家を失った上に多額の借金が残ってしまいます。そこで本記事では、不動産の任意売却の専門家である矢田倫基氏の書籍『住宅ローンが払えなくなったら読む本』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「住宅ローン破綻」の危険性について解説します。

「疎外感」を理由に浮気した夫…離婚が決まったものの

《夷川さん(36歳・男性)》
職業:美容師
年収:400万円
備考:職場結婚した妻と暮らしていたが、自身の浮気が原因で離婚。職場を移り収入が減る中、養育費などの負担が重く、ローン破綻にいたった。

《夷川さんの元妻(38歳・女性)》
職業:美容師
年収:400万円
備考:父親の死後、独居することになった母親を心配して、母親宅の近所にマンションを購入した。その後、夫の浮気が発覚し離婚にいたったが、連帯債務者になっていたため、元夫のローン破綻後、債務を背負うことに。

《物件とローンの詳細》
住宅のタイプ:中古マンション
購入価額:3200万円
うち住宅ローン:2800万円(金利1.0%返済期間30年)
毎月の返済額:9万円
備考: 夷川さんだけの収入ではローンを組めなかったため、夫婦の共同名義を選択。妻を連帯債務者とすることで、ローンを組むことができた。

 

 

賃貸住宅に住んでいた夷川さん夫婦が新居の購入を検討するようになったのは、妻の父親の死がきっかけでした。独居するようになった妻の母親を心配した夫婦は、近居できる住まいを探す中で、家賃よりも小さな負担で家を購入できることに気づいたのです。

 

【関連セミナー/オンライン】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

「不動産を相続」した方【必見】⇒詳細はコチラ

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そこで中古のマンションを探したところ、気に入った物件が見つかったため、ローンを組んで購入することにしました。

 

物件価格は3200万円でしたが、妻の父親から相続したお金を頭金として400万円を支払ったので、銀行からの借入は2800万円におさまりました。返済期間30年のローンとしたので、月額の支払いは9万円となりました。当時居住していた賃貸住宅の家賃は12万円もしていたため、住居費の負担を抑えて、きれいで広い家に住めるようになったと夫婦とも大喜びでした。

烏丸リアルマネジメント株式会社 代表取締役

1974年生まれ。大阪府出身。
大学を卒業後、大手ゼネコンで技術者として従事。その後、不動産コンサルティング会社に転向し、実績が認められ代表取締役に就任。そこでの経験を生かし、日本で初となる法律業務も扱う任意売却専門会社「烏丸リアルマネジメント」を設立し、現在に至る。金融機関や士業者からの信頼も厚く、任意売却の専門家として各地で講師も務める。多くのローン困窮者を救ってきた面談は「心のカウンセリング」と呼ばれ、関西圏だけでなく全国からも相談者が後を絶たない。
任意売却コンサルタント、宅地建物取引士、日本アドラー心理学会会員。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

住宅ローンが払えなくなったら読む本

住宅ローンが払えなくなったら読む本

著者 矢田 倫基   監修 矢田 明日香

幻冬舎メディアコンサルティング

夢のマイホームを購入する際、多くの人が利用する住宅ローン。ローンを組む際は、通常、専門家のアドバイスを受けながら無理のない返済計画を立てますが、長い返済期間では何が起こるかわかりません。思わぬトラブルによって返…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧