DNA鑑定で父子関係全否定も、法律上は「永遠に親子」の衝撃

妻の不倫発覚時、「子どもが本当に自分の子どもなのか」気になる男性は少なくありません。もし父子関係が否定された場合、子どもと親子関係を切ることは可能なのでしょうか。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

妻の不倫発覚で、我が子に「DNA鑑定」してみた結果…

Q.妻と結婚し、その後子どもが産まれました。

 

しかし、子どもが10歳になったころ、妻が長年不倫していたことが発覚し、離婚することになりました。妻は私と結婚した直後くらいから、他の男性と関係を持っていたようなので、子どもが本当に私の子どもなのかDNA鑑定をしたところ、父子関係はないという結果が出ました。

 

色々と考えるところはありますが、子どもとの親子関係は切りたいと考えています。どうすれば良いでしょうか。

 

子どもに罪はないけれど…(画像はイメージです/PIXTA)
子どもに罪はないけれど…(画像はイメージです/PIXTA)

 

A.嫡出否認の訴えや親子関係不存在確認の訴えを起こす必要がある、というのが従来の考え方でしたが、平成26年7月17日の最高裁判所の判例により、DNA鑑定の結果如何によっても、訴えが認められないとの判断が示されました。

 

親子関係というものは、基本的には生物学上の関係を前提とするものですので、DNA鑑定によって父子関係が存在しないことが科学的に判明した場合には、父子関係は存在しないことになります。

 

しかし、そのままにしておいても、法律上(戸籍上)は、父子関係はそのまま存在することになりますので、これを削除するためには別途法的手続が必要になります。

 

その手続は、大別すると

 

①嫡出否認の訴え

②親子関係不存在確認訴訟

 

の2つです。

「子の出生を知った時から1年」以内かがポイントに

夫婦が婚姻した後に産まれた子どもは夫の子として推定され、原則として父子関係が発生します(もっと正確に言うと、婚姻後200日後に産まれた子、または離婚後300日以内に産まれた子が夫の子として推定されます。)。

 

このような子に対して、父親が

 

「この子とは父子関係はない。」

 

と主張して法的手続をするためには、①嫡出否認の訴えというものを裁判所に提起する必要があります。しかし、この嫡出否認の訴えというものは、訴えを起こせる期間が制限されており

 

「子の出生を知った時から1年」

 

とされています。このような訴えを無制限に認めてしまうと、子どもの身分が不安定に晒される期間が長期間になるおそれがあるからです。

 

したがって、結婚して、子どもが産まれてから数年後にDNA鑑定などで父子関係がないことがわかったとしても、上記の1年間という期間を経過してしまっているため、原則として嫡出否認の訴えを起こすことができません。

 

ちなみに、②の親子関係不存在確認の訴えというものは、上記のような嫡出子として推定される子(婚姻後200日後に産まれた子、または離婚後300日以内に産まれた子)との父子関係を否定するためには使えません。

 

②の親子関係不存在確認の訴えというものは、妻が夫の子を懐胎することが不可能な事情が客観的に明白な場合(長期別居中に産まれた子だったり、夫が刑務所にいる間に産まれた子といった場合)にのみ可能です。

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

北村氏が運営するメディア、 川崎・武蔵小杉の相続・離婚法律相談 はこちら!

著者紹介

連載事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧