バラエティ、ドラマ…「たかがTV」が招く恐ろしい医療の誤解

「これを食べると病気にならない」といった根拠のない健康情報番組や、芸能人にちょっとした異常値が見つかっただけでおそろしい病気が見つかったような過剰な演出を行い、受診者の寿命が極端に短いがごとく煽動する番組など、視聴者(患者)に誤った医療知識を植え付けてしまうTV番組が後を絶ちません。今回は、愛知医科大学・内科学講座肝胆膵内科学准教授である角田圭雄氏の書籍『MBA的医療経営』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「医療安全」を実現させるために必要なことを解説します。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

医療を「100%安全」にするには膨大なコストがかかる

医療安全は人の命といった倫理的側面ばかりが強調されて語られることが多いですが、実際に医療を100%安全にするには膨大なコストがかかるというコストの視点も必要です。

 

医療安全が100%になるなら、国民全員から毎年1億円徴収してもよいでしょうか。コストとリスクはトレードオフの関係にあり、コストとリスクの合理的な妥結点を見いだすべきと思います。感情的なリスクゼロを謳う医療安全は廃止すべきですし、個人に責任を負わせる、いわゆる犯人探しからも離脱しなければなりません。

 

しかし、人命を預かる以上、安全性を追求し、常に改善していく作業は重要です。それでは実際に、医療安全を実現するのに大切なことは何でしょうか?

 

医療安全を実現するには?(画像はイメージです/PIXTA)
医療安全を実現するには?(画像はイメージです/PIXTA)

「医療安全実現」のために大切な4つのこと

まず第一に、医学に対して常に謙虚であることが挙げられます。医療者が医学で人の命を左右できると思っているとしたら、それは極めて傲慢です。私を含めてほとんどの医療者はなにひとつ自身で開発したものなどないのですが、患者さんに治療を与えてやるかのごとく偉そうな診療を行っている医師をしばしば目にします(医療パターナリズム、父権主義)。

 

今もなお医学は進歩の途上にあり、我々は医学全体の0.01%も知り得ていないのは? といった謙虚さが求められると思います。


第二に、常に学びの姿勢と科学の視点をもつことが挙げられます。十分な知識、最新医学情報の取得に加えて、積極的な姿勢、好奇心、他人の発言を鵜呑みにしない(自身で調べた事実のみを信じる)といった科学の視点を持ち続けることです。

 

以前、薬剤処方の間違いが多いから、よく似た名前で間違い易い薬剤の採用を控えるという病院がありました。間違えるから採用を控えるでいいのでしょうか。いつまでも組織の成長を避けていて、本当に安全な医療が提供できるでしょうか。

 

一方で、現代医療は次々と新薬が創薬され、新しい知識を積み上げていくにも膨大な時間が必要になっていることも事実です。組織内に知識をどのように普及させていくかといった組織におけるナレッジマネジメントは重要課題です。

 

【3月開催のセミナー】

 

【3/2開催】1000万円ゴールドコーストホテルオーナーになる!」方法

 

【3/2開催】社会貢献安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力

 

【3/6開催】800万円台~!好調続くアメリカ不動産の穴場「戸建て不動産投資

 

【3/6開催】低リスク高利回り!失敗なし驚異の「東京・好立地×新築一棟投資

 

【3/6開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

【3/7開催】カリスマ医学部予備校講師 講演会「一年で医学部合格するための戦略」

 

【3/7開催】ジャルコの「ソーシャルレンディング」はなぜ「安全・安心」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【広告主様向けセミナー】

 

【3/1開催】富裕層専門メディアの「データ」を活用したマーケティングセミナー

 

愛知医科大学 内科学講座肝胆膵内科学准教授

愛知医科大学内科学講座肝胆膵内科学准教授(特任)。一般社団法人日本医療戦略研究センター(J-SMARC)代表理事。医師、博士(医学)、MBA(医療経営学修士)。

1970年大阪府生まれ。1995年京都府立医科大学卒業、2002年京都府立医科大学大学院で博士号(医学)を取得。市立奈良病院消化器科部長、京都府庁知事局知事直轄組織給与厚生課健康管理医(総括)、京都府立医科大大学院医学研究科消化器内科学講師を経て2016年10月から現職。2015年英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA in Healthcare Management(医療経営学修士号)を取得。立命館大学医療経営研究センター客員研究員を兼任。日本肝臓学会評議員・指導医。日本消化器病学会評議員・指導医。日本医療経営実践協会医療経営士3級。

著書に『最新・C型肝炎経口薬治療マニュアル』(2016年4月、編集および共著)『症例に学ぶNASH/NAFLDの診断と治療|臨床で役立つ症例32』(2012年4月、編集および共著)、『最新!C型肝炎治療薬の使いかた』(2012年10月、編集および共著)、『見て読んでわかるNASH/NAFLD診療かかりつけ医と内科医のために』(2014年8月、編集および共著)

著者紹介

連載MBA的医療経営~目指せ!メディカルエグゼクティブ

MBA的医療経営 目指せ!! メディカルエグゼクティブ

MBA的医療経営 目指せ!! メディカルエグゼクティブ

角田 圭雄

幻冬舎メディアコンサルティング

MBAの視点から医療機関を経営するための最新知識を網羅する1冊。 病院経営は、営利を目的とした企業の経営とは多くの点で異なります。診療や看護、医療技術や医療事務などの特定分野の管理能力、そして「全体最適」の視点が必…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧