「資格を身につければ一生安泰」はコロナ禍で見事に崩れた

「コロナショック」により、資格を持っていても安泰ではないと感じた会社員は少なくありません。今回は、株式会社プレジデントワン代表取締役である松久久也氏の著書『確実に利益を上げる会社は人を資産とみなす』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、現代の会社員に必要なものは何か、見ていきましょう。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

資産と同様に、人材にも「耐用年数」がある

人材育成のために投入した時間と単価を掛け合わせれば人(社員)の資産価値を算出することができます。しかし、人を資産として考えた場合ネガティブな面が存在することを忘れてはいけません。人間である以上、その力が衰えることがあるのです。ここで人の資産にも“減価償却”という側面があることに注意を払わなければなりません。

 

資産に耐用年数があるように、人も努力しなければ確実に劣化します。2012年にはすでに私たちを取り巻く情報量は2.837ゼタバイトに達したといわれています。ゼタバイトとは情報量を示す尺度です。1ゼタバイトは世界中の砂浜の砂粒を合わせた数といわれています。

 

今後この情報量はさらに急速に増えていきます。新聞紙面を隈なく読むことさえできない私たちに、世界中に存在する砂粒の何倍もの情報がもたらされるという時代です。情報過多の時代では、人々の消費傾向はめまぐるしく変化していくものです。

資産価値を維持することが難しい時代

設備更新の期間が短くなっているともいわれています。例えば、喫茶店の内装でいえば、10年以上前は7年で改装していたものが今は5年とそのサイクルが短くなっているといいます。

 

税法上で定められた耐用年数が10年であったとしても、その資産に対する社会のニーズが弱くなれば、10年と保ちません。資産の劣化はどんどん速くなっています。社会変化の影響を受けない、個人が有する資産や企業内部で使用する資産が耐用年数を下回ることは少ないでしょうが、消費市場の影響を受ける資産の劣化は速くなっています。

 

このように、資産価値を維持することがとても難しい時代といえます。なかでも最も変化の影響を受けやすいのは人です。

 

そうした意味では、人材も減価償却資産と捉えるべきではないでしょうか。機械は時間とともに減価償却され、耐用年数の経過後はほぼ価値がなくなります。人もそれに当てはまります。ビジネスは常に社会の変化に曝さらされており、市場の変化にも迅速に対応し行動を起こさなければ瞬(またた)く間に競争力を失ってしまいます。ビジネスの現場で働く人は、まさにその最前線に立っていることになります。

 

【4月開催のセミナー】

 

【4/17開催】社会貢献&安定収益を両立する「児童発達支援事業」

 

【4/17開催】中古1棟アパート…「利回り20%」「1年以内に売却益2千万」

 

【4/19開催】800万円から始めるNY州西部不動産利回り15%土地付き一戸建て

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

株式会社プレジデントワン 代表取締役

1952年生まれ。名古屋大学経済学部卒業。銀行勤務を経て、コンサルティング会社設立。 旧日本興業銀行、日本長期信用銀行、住友信託銀行、第一勧業銀行、みずほ銀行などの大手銀行、東京海上あんしん生命保険、AFLACなどの大手生命保険、あいおい損害保険、日本IBMなどへのコンサルティングを行う。フィナンシャルプランニング日本導入における草創期に教育指導。日本商工会議所検定試験委員歴任、名古屋大学でキャリア形成論の講義を担当。 東京大学大学院牧野研究室との共同研究、ものづくりプロジェクトのプロジェクト統括マネージャー。 中小企業者の経営指導には定評。経営、金融、保険、シニア、IT、製品開発、経営戦略、統計、人材育成など分野は多岐にわたる。 海外はASEANとの交流促進活動に取り組む。著書に『数字に弱い人のための合理的意思決定入門』(PHP研究所)がある。

著者紹介

連載確実に利益を上げる会社は人を資産とみなす

確実に利益を上げる会社は人を資産とみなす

確実に利益を上げる会社は人を資産とみなす

松久 久也

幻冬舎メディアコンサルティング

人をコストとみるか。資産とみるか。その選択が、会社の明暗を分ける! 日本は超高齢社会を迎え、労働人口は目に見えて減少。年金財源の枯渇を防ぐべく、定年引き上げを実施する企業も増えている。今こそ「貴重な人材をどのよ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧