思わぬ相続トラブルの元凶に…「自筆証書遺言」作成時の注意点

遺言書には大きく「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があります。そのうち「自筆証書遺言」は、相続トラブルの元凶になることがよくあります。今回は、相続税申告を数百件経験した相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の竹下祐史税理士が、「自筆証書遺言」を作成するにあたってのポイントを解説していきます。

【無料】メルマガ登録はコチラ

自筆証書遺言が無効になるケースは?

相続手続に関する業務を進めるなかで、被相続人が自筆で書かれた遺言書(自筆証書遺言)を使うことがあります。

 

なかには、せっかく書かれた遺言書の内容が無効であったり、有効であっても記載に不備があるために登記や銀行手続で使えず、結果として遺産分割協議(相続人全員の同意に基づく手続)が必要になってしまうケースもあります。

 

たとえば、

・自筆すべき箇所を自筆していない

・日付の記載がない

・署名押印がない

・音声で記録されている

・対象となる財産を特定できる情報(土地の地番等)の記載がない

・訂正が正しく行われていない

 

などの場合、遺言者の意思が遺産分割に反映しないばかりか、大きなトラブルになってしまうケースもあります。そこで自筆証書遺言を安全に作成するために注意点や、自筆証書遺言に関する最近の民法改正のポイントをみていきましょう。

 

有効な自筆証書遺言の要件とは?

自筆証書遺言は手軽に作成できるものではありますが、以下の通り民法で厳格な要件が定められています。

 

■自書であること

遺言書の全文が自書である必要があります。パソコンやワープロで作成された遺言は無効となります

 

*平成31年1月13日に改正民法が施行され、遺言書に添付する財産目録の自書が必ずしも必要ではなくなり、パソコンでも作成ができるようになりました。この場合でも、財産目録の各ページに署名押印は必要となります。

 

■日付の記載があること

遺言書が複数ある場合、最も新しく作成されたものが効力ある遺言とされますので、日付の記載が必要となります。年月のみで日付の記載がないもの、X年X月吉日といった記載の場合は無効となります。

 

■自書の署名・押印があること

押印は実印でも認印でも認められますが、実印の方が望ましいでしょう。

 

■訂正が適切に行われていること

文言の一部を訂正する場合には、署名、訂正印や「2文字削除1文字追加」などの記載が必要となります。適切に行われていない場合、遺言全体として無効にはなりませんが、訂正自体が無効とされてしまいます。

 

きちんと要件を抑えて(※画像はイメージです/PIXTA)
きちんと要件を抑えて(※画像はイメージです/PIXTA)

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

税理士法人ブライト相続 税理士・公認会計士

東京都国立市出身。2006年、監査法人トーマツ入社。上場企業の財務諸表監査、内部統制監査、上場支援、M&Aアドバイザリー業務等に従事。2012年、税理士法人レガシィ入社。200件以上の相続税申告、生前の相続対策、事業承継対策、家族信託・遺言作成コンサルティングなどの資産税業務に従事。2019年に税理士法人ブライト相続を開業。

著者紹介

連載実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧