社長が気をつけるべきキャッシュに関する「3つの錯覚」とは?

今回は、社長としては気をつけたいキャッシュに関する「3つの錯覚」についてお伝えします。 ※本連載は、“ナニワの人情税理士”として知られる鈴木和宏氏の著書、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)の中から一部を抜粋し、「儲かる社長」が実践している資金繰りのノウハウをご紹介します。

お金を生む「王道」は「利益」を出すこと

皆さん、会社に預金残高がいくらあるか把握していますか? 経営目的を実現するためには、人を育て、機械・土地・建物を購入し、どのような経営活動を行うべきかといった情報を判断して日々の活動を行う必要があります。そのためには、人材育成のための資金、機械などの購入資金が必要になってきます。つまり、経営目的を実現するためには資金であるお金が必要になってくるのです。

 

お金は、①株主が出した元手=資本金、②仕入先からの借金=買掛金、銀行からの借金=借入金、③売掛金の回収、土地・建物の売却といった経営活動から生まれます。

 

しかし、①の資本金は使えばいつか尽きてしまいます。②の借金ばかりすれば、後で返済しなければなりません。③の売掛金にも限度があります。土地・建物は売却すればなくなってしまい、場合によっては経営の基盤を揺るがします。

 

お金を生む〝王道〟は、利益を出すことです。利益を計上し、資産や負債への運用方法を確実にすれば、お金を手元に残すことができます。また、利益を計上し続けることで経営目的を実現するためのお金を増加させることができるのです。

 

したがって、資金は利益から生まれ、利益は売上から生まれます。そして売上は日々の働きから生まれるのです。

利益が出ても現金が増えるとは限らない

この理屈がわかるのであれば、社員全員の日々の働きが売上に、売上が利益に、利益が資金に確実に変わってくるような経営をしていかなければいけません。これを「キャッシュフロー経営」と呼んでいます。

 

しかし、キャッシュに関する3つの錯覚があります。

 

●働きが高まる≠売上が増える

一所懸命働くと売上が本当に増えますか? 経営者、上司の指示を守らず、経営計画に反して自分勝手に行動しても売上は増えません。経営方針、部門方針を理解せずに、各社員がただ動くだけでは機能せず、「人」として「動」くと「働」きになり、売上につながるのです。

 

●売上が増える≠利益が増える

売上が増えると利益は必ず増えるのでしょうか? たとえば、陳腐化した在庫を半値八掛けで販売すれば利益は出ません。粗利益の低い商品に販売員や物流のコストの手間暇をかけて販売しても、一見、粗利益は計上されているように見えますが、諸経費がかさんで利益どころか損になることも考えられます。

 

●利益が増える≠資金が増える

利益が上がった。でも税金は納められない。実効税率は36%程度なので、儲かった分だけお金があれば税金を納付できます。

 

なぜお金がないのでしょうか? それは、「売掛金を回収できない」「在庫が増えた」「借入金を一気に支払ってしまった」「車・機械を買った」・・・からです。つまり、儲かった利益が必ずお金として現金で増加するとは限らないということです。

 

収益活動と資金の運用調達は違ってくるのです。

 

儲かっている社長は、「まいどおおきに」と唱えながら、お金についてよい頃合いを見計らいながらシビアに考えて行動しています。

鈴木和宏税理士事務所 所長
一般社団法人ほほえみ信託協会 代表理事
税理士 

昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。
昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年2月税理士登録。
昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている。
主な著書に、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)、『検討してみよう!家族信託の基礎知識』『相続対策の基礎知識 生命保険活用編』『[改訂版]検討してみよう!生前贈与の基礎知識』『生前贈与Q&A』(以上、ファーストプレス)、『まんがで学ぶ相続と遺言』(新日本保険新聞社)、『中小企業経営者のライフプラン~起業から事業承継まで~』(共著、ぎょうせい)など多数。

著者紹介

連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ

本連載は、2015年12月12日刊行の書籍『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

鈴木 和宏

マネジメント社

がっちり儲けている社長は、どういうことを考え、実践しているのでしょうか。同時に、税理士をどのように役立てているのでしょうか。 本書は、31年の税理士生活のなかで出会った多くの経営者とのお付き合いを通じ、学んだエッ…

検討してみよう!  家族信託の基礎知識

検討してみよう! 家族信託の基礎知識

鈴木 和宏

ファーストプレス

家族信託とは、信頼できる家族・親族や知人などが財産の預かり手(財産管理をする者)となり、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態です。家族の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!