会社の「現金預金残高」と「借入金」の適切なバランスとは?

今回は、会社経営における現金預金の重要性について見ていきます。※本連載は、“ナニワの人情税理士”として知られる鈴木和宏氏の著書、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)の中から一部を抜粋し、「儲かる社長」が実践している資金繰りのノウハウをご紹介します。

現金預金残高が「月商の1か月」を切るケースは危険

よく社長さんから、「どのくらいの現金預金の残高があればいいですか?」「うちの会社の現在の現金預金残高は適切ですか?」と質問を受けます。私はつぎのようにアドバイスしています。最低でも、月商の1か月分の現金預金の残高は確保してください。安全圏は2か月分から3か月分ですが、1年または2年を目標として計画を立ててください。

 

会社の現金預金の残高の基準は、その会社の月商である1か月の売上として考えるのが賢明です。月商を基準とする理由は、月商1000万円の会社と月商1億円の会社では、1か月に出ていくお金の額が相当に違うからです。つまり、月商が大きい会社はそれだけ仕入代金や人件費などの費用も多額になります。しかし、月商の少ない会社はそれらの支出も少なくて済みます。

 

会社は、仕入代金や諸経費、借入金の返済を毎月の売上から行っています。また、会社はトータルで見ると月商以上の支払いはできません。

 

もし、このような仕入、諸経費、借入金の返済などの支出が、毎月の「売上金額」を上回っていたらどうなるでしょうか。当然、会社の資金はショートしてしまいます。

 

月末近くになって、資金が足りなくなるかも・・・こんな状態では頭の中がそればかりになり、いい経営はできません。売上の入金がきちんとすべて月末に入ればいいですが、そうきっちり入金があるとは限らないのです。

 

現金預金の残高が「月商の1か月」を切っているケースは非常に危険です。特に「月商の0.5か月分」を切ると倒産危険水域に入りますので、そうならないためにも早目の資金手当ての対策が必要になってきます。

 

 

【こちらも読みたい】

信用問題になることも…!?/資金ショートを防ぐための「支払日」「入金日」の調整

 

現金預金対借入金比率は「30%以上」を確保するべき

つぎに、あなたの会社は借入金残高に対して、現金預金の残高がいくらあるか把握していますか? 何度も言うようですが、銀行などの金融機関の借入金と上手に付き合っていくことが必要です。

 

金融機関と上手に付き合っているかどうかを見る指標のひとつとして、「現金預金対借入金比率」があります。これは、「銀行などの借入金の残高に対して現金預金の残高をいくら持っているか」を示す数字です。

 

「現金預金は最低でも月商の1か月分は確保してください」と先ほど書きました。当然、会社の現金預金の残高が少なくなると経営に余裕がなくなり、精神衛生上も悪くなり、資金がショートして倒産してしまう可能性もあります。そうならないためにも、余裕資金は借入をしてでも確保すべきです。

 

この、現金預金対借入金比率のひとつの目安は30%です。少なくとも借入金残高に対して30%以上の現金預金の残高は確保してください。

 

たとえば、会社で1億円の借入がある場合には3000万円以上の現金預金を確保するということです。この安全圏は50%以上です。すなわち、会社で1億円の借入金の残高がある場合には、5000万円以上の現金預金の残高を持つと非常に安心して経営に専念することができます。

 

現金預金が会社にないと話になりません。借入金の話の前に、まずは「どのくらい会社に現金預金の残高があれば安全か」、現金預金の残高と借入金の適切なバランスをよく分析して、間違った借金から正しい借金に変える!手元現金をしっかり確保して、「ええがなええがな」と儲かる社長になってください。

 

 

【こちらも読みたい】

5つの質問で簡単にわかる!/自転車操業から脱却するための「数値計画」の立て方

 

 

鈴木和宏税理士事務所 所長
一般社団法人ほほえみ信託協会 代表理事
税理士 

昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。
昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年2月税理士登録。
昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている。
主な著書に、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)、『検討してみよう!家族信託の基礎知識』『相続対策の基礎知識 生命保険活用編』『[改訂版]検討してみよう!生前贈与の基礎知識』『生前贈与Q&A』(以上、ファーストプレス)、『まんがで学ぶ相続と遺言』(新日本保険新聞社)、『中小企業経営者のライフプラン~起業から事業承継まで~』(共著、ぎょうせい)など多数。

著者紹介

連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ

本連載は、2015年12月12日刊行の書籍『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

鈴木 和宏

マネジメント社

がっちり儲けている社長は、どういうことを考え、実践しているのでしょうか。同時に、税理士をどのように役立てているのでしょうか。 本書は、31年の税理士生活のなかで出会った多くの経営者とのお付き合いを通じ、学んだエッ…

検討してみよう!  家族信託の基礎知識

検討してみよう! 家族信託の基礎知識

鈴木 和宏

ファーストプレス

家族信託とは、信頼できる家族・親族や知人などが財産の預かり手(財産管理をする者)となり、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態です。家族の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧