「借金で倒産した会社はない」と言い切れる理由

今回は、「借金で倒産した会社はない」と言い切れる理由を説明します。 ※本連載は、“ナニワの人情税理士”として知られる鈴木和宏氏の著書、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)の中から一部を抜粋し、「儲かる社長」が実践している資金繰りのノウハウをご紹介します。

会社が潰れるのは「キャッシュ」が途切れるから

皆さん、決算書は申告期限内にしないと1年間、融資取引でペナルティがあることをご存じですか?通常、申告期限の応当日が土日になっている場合は、その次の日の月曜日が申告期限になっているので、最悪、その月曜日に申告を済ませれば問題ありません。金融機関からすれば、申告期限を守れないような経営者は、すべてにおいていい加減な取引をする可能性が高いという判断をされてしまいます。

 

黒字経営をしていた会社だと思って取引していたのに、ある日突然、兆候が外に出ないで倒産したというケースがあります。大阪弁でいうと「あ・・・・んさん、どうしたん?」ということで大騒ぎになります。会社も、社長も、その会社に働く従業員も仕入先などの取引先も同時に不幸に見舞われます。

 

信用調査の手段としては調査機関からの資料は重要ですが、兆候が外へ現れないといっても必ずどこかに〝兆し〟はあるはずです。それは、「経営者の態度」「従業員の様子」「手形の発行や支払条件の変更」などから伺い知ることができます。特に、現場で接する機会が多い営業パーソンはよく観察しておかなければなりません。

 

身体の病気でも〝痛み〟を伴うものには自然に対応が進むため、比較的大事に至らないケースが多いといわれます。これに対し、自覚症状がない肝臓の病気や、初期に痛みが伴わないガンなどは、病気の発見が遅れ、深刻な事態を招くことがあります。経営にも同じことがいえるかもしれません。

 

たとえば、原価割れするほど値段を下げた販売展開をし、「よく売れているから」と喜んでいたら、いつの間にかよもや倒産寸前になっているという事態が、普通に存在しうるのです。

 

これは、お金に余裕がないので長期的視野がもてず、行き当たりばったりの経営になっていて、てっとり早くお金が欲しいので、過度の値引き販売を行っていたからです。むしろ、〝売れ行き不振〟という深刻さが前面に出たほうが、適切な対策を早くとれることが多いのです。

「赤字」だけでは会社は潰れない

極論になりますが、赤字だけでは会社は潰れません。手元に現金さえあれば、赤字でも商売は続けられます。

 

たとえば、赤字でも潰れない会社の例とは、つぎのようなものです。

 

●同族で経営している小さな会社で、社長が役員報酬を大きくとり、会社は赤字になっている。しかし、会社の資金繰りが苦しいときは社長が会社にお金を貸し付けている。

●親会社が優良なため、子会社が赤字になっても資金援助して貸してもらえる。

 

逆に「黒字倒産」という言葉があるように、会社が黒字(利益を出している)の場合でも、現金が途切れてしまうと、会社は潰れてしまいます。

 

黒字倒産の例としては、つぎのようなものが考えられます。

 

●多額の固定資産の購入(自社ビルなど)

●過大な設備投資

●急成長による運転資金の増大

●経営判断のミスによる不良在庫の発生

●大口売掛金の回収遅延

●得意先倒産による連鎖倒産

●借入金の過大返済など

 

このように会社が倒産するというのは、「会社にお金がなくなった状態」をいいます。したがって、借金で倒産した会社はないのです。

鈴木和宏税理士事務所 所長
一般社団法人ほほえみ信託協会 代表理事
税理士 

昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。
昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年2月税理士登録。
昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている。
主な著書に、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)、『検討してみよう!家族信託の基礎知識』『相続対策の基礎知識 生命保険活用編』『[改訂版]検討してみよう!生前贈与の基礎知識』『生前贈与Q&A』(以上、ファーストプレス)、『まんがで学ぶ相続と遺言』(新日本保険新聞社)、『中小企業経営者のライフプラン~起業から事業承継まで~』(共著、ぎょうせい)など多数。

著者紹介

連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ

本連載は、2015年12月12日刊行の書籍『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

鈴木 和宏

マネジメント社

がっちり儲けている社長は、どういうことを考え、実践しているのでしょうか。同時に、税理士をどのように役立てているのでしょうか。 本書は、31年の税理士生活のなかで出会った多くの経営者とのお付き合いを通じ、学んだエッ…

検討してみよう!  家族信託の基礎知識

検討してみよう! 家族信託の基礎知識

鈴木 和宏

ファーストプレス

家族信託とは、信頼できる家族・親族や知人などが財産の預かり手(財産管理をする者)となり、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態です。家族の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧