注意!オレオレ詐欺に「声がおかしいね」。返事の常套句は…

人間心理を巧妙に操り、資産をだまし取る「特殊詐欺」。その代表こそが「オレオレ詐欺」です。古典的かつ陳腐な印象がありますが、実は未だに特殊詐欺被害の半数以上を占めていることをご存じでしょうか。被害に遭わないためには、その巧妙な手口を知り、最新の知識・情報で身を守ることが大切です。※本連載は、NPO法人長寿安心会・代表理事を務める住田裕子弁護士の著書『シニア六法』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

年々巧妙化…人の心理に漬け込む「特殊詐欺」の実態

【事例】

息子が突然、電話をかけてきて「会社の金を使い込んだのがバレた! 明日から会計監査が入るので、今日中に200万円を作らないと会社をクビになる」と泣きそうな声で助けを求めてきました。部下がすぐに取りに来るというので、至急銀行に行って現金200万円を用意し、部下という人に渡しました。親不孝者と思いつつ「助けられてよかった」と、ほっとしましたが…。

 

イラスト:©須山奈津希(https://suyamanatsuki.tumblr.com/)
人の心理につけ込む特殊詐欺、オレオレ詐欺 イラスト:©須山奈津希(https://suyamanatsuki.tumblr.com/)

 

<オレオレ詐欺にはこの条文!>

刑法 第246条(詐欺罪)

第1項 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

 

刑法 第248条(準詐欺罪)

未成年者の知慮浅薄、または人の心神耗弱に乗じて、その財物を交付させ、または財産上不法の利益を得、もしくは他人にこれを得させた者は、10年以下の懲役に処する。

 

「特殊詐欺」とは被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座への振り込み、その他の方法により、不特定多数の者から現金等を騙し取る犯罪のことです。なお、現金等を脅し取る恐喝、および隙を見てキャッシュカード等を窃取する窃盗も含みます。いわゆる「オレオレ詐欺」「還付金詐欺」などです。

 

特殊詐欺は、犯罪組織の一種の事業として反復・継続的に行われており、犯行手口を絶え間なく巧妙に進化させています。特別な資産家等でなくても、これら犯罪集団に狙われるおそれがあります。

 

社会情勢の変化に伴い、次々と新たな手口を編み出し、人間心理を巧妙に操ります。

特殊詐欺の代表「オレオレ詐欺」…つい騙される文言

相変わらず多いオレオレ詐欺。特殊詐欺の半数以上を占めています。その詐欺文言はいろいろです。

 

「浮気をして、相手を妊娠させてしまい、女性の夫から告訴すると脅されている」

「交通事故を起こした。示談金を支払わないと大変なことになる」

「株に手を出して失敗し、大変な借金を作ってしまった」

「今日が支払い期限で取引先に渡さなければならない会社の小切手を入れた鞄を電車に置き忘れた」

 

…などなど、至急現金が必要であるかのように被害者を信じ込ませ、動転した被害者に、使いの者に現金を渡させたり、指定した預貯金口座に現金を振り込ませたりするなどの手口による詐欺です。

 

犯罪組織間で流通している名簿(カモリスト)に従って、事前に個人情報を把握して電話をかけてくることもあります。また、息子などの親族を装うために、犯行の前に、被害者宅に「オレだけど、携帯電話をなくしてしまった」などと電話をかけて、犯人の声色に馴れさせることもあります。さらに会話の中で、被害者から息子の名前等を引き出すという準備がなされることもあります。

 

「声がおかしいね」と言うと、「風邪をうつされた」と応じるなど、さまざまなシナリオを用意しています。

警察や救急隊員になりすまし不安を煽る「劇場型詐欺」

また、本人だけでなく、警察官や救急隊員になりすまして、まことしやかに、組織名から所属部署名、肩書きや階級まで名乗るなどして電話をかけてきたりします。

 

(警察官になりすまして)「息子さんが交通事故でけがをして話せないから、代わりに電話している。事故の相手に大きな損害が出てたいそう怒っているので、とりあえず弁償金を支払う方がいい。支払わないと息子さんは逮捕されます」

 

(弁護士になりすまして)「ご主人が痴漢をしたので、今事情を聞いている。今すぐ示談金を支払って示談すればこの場はおさまる。そうしないと逮捕され、会社にもばれ、裁判になってしまう」

 

このように、まさに劇の登場人物の一員として虚構の世界に引きずり込み、被害者にショックを与え、不安な気持ちにさせて信じ込ませ、お金を用意させて騙し取る手口です。

 

臨場感をかもしだすために、事前に録音したパトロールカーの音、駅構内のアナウンスや女性の声などを流したり、1本の電話だけでなく、鉄道会社の職員や弁護士と名乗る者が次々に同じシナリオに沿った電話をかけてきたりするなど、手の込んだ演出がなされることもあります。

まずは一呼吸おき、「信頼できる人」に相談

このような特殊詐欺などの被害を受けないようにするためには、そうした犯罪についての最新の知識を得ておくことが第一です。何か非常事態が起こったときには、自分だけで判断せず、すぐに相談し合える態勢を作っておきましょう。

 

他にも必要なことはさまざまありますが、手近なこととしては、住居の電話機を特殊詐欺に対応したものに替えることが挙げられます。特に留守番電話機能は、相手方を確認してから対応できるので役立ちます。

 

また、そのような連絡がきたときのために「驚いた」「怖い」「急かされて焦った」「恥ずかしいので困った」などの状態にあるときには一呼吸おくことです。人間は、ジェットコースターのように心理を揺さぶられると、正常な判断力が働きにくいという性質を持っているのです。

 

感情が揺さぶられて平常心でいられない状態になったら、いったん電話を切って、すぐに信頼できる人に相談しましょう。その後、本当の相手のこれまでの電話番号に折り返しかけ直しましょう。

 

「消費者ホットライン」は、契約のトラブルや製品の事故を巡る相談をしたい消費者に、最寄りの消費生活センターや自治体の窓口を案内するサービスです。電話相談の窓口の番号は「188(いやや!)」です。

 

 

書籍の詳細はこちら!
書籍の詳細はこちら!

 

 

住田 裕子

弁護士(第一東京弁護士会)

NPO法人長寿安心会 代表理事

 

【関連セミナー】

※【12/5開催】勤務医のための「キャリア&資産形成」戦略セミナー

 

※【12/5開催】入居率99%がずっと続く「驚愕&堅実のアパート経営」の秘密を大公開!

 

※【12/8開催】会社法活用のカリスマ弁護士が語る!事業承継リスク対策×種類株式戦略

 

※【12/8開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」による富裕層の節税対策・資産運用法

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【勤務医限定】「良いニュース」と「悪いニュース」

弁護士(第一東京弁護士会)
NPO法人長寿安心会代表理事

東京大学法学部卒業。東京地検検事に任官後、各地の地検検事、法務省民事局付(民法等改正)、訟務局付、法務大臣秘書官、司法研修所教官等を経て、弁護士登録。

関東弁護士会連合会法教育委員会委員長、獨協大学特任教授、銀行取締役、株式会社監査役等を歴任。現在、内閣府・総務省・防衛省等の審議会会長等。

著者紹介

連載高齢資産家のための「シニア六法」~賢い消費者になるための法的知識

シニア六法

シニア六法

住田 裕子(監修、著)

KADOKAWA

実は知らない、「いざ」というとき便利な法律。 変わらず多いオレオレ詐欺、近年増える高齢者による交通事故。認知症ならではのトラブルに、介護にまつわるトラブル…。 いざトラブルに巻き込まれたとき、どういう法律が…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧