和が「100」になるよう、3つのものをえらびましょう

ここでは、全講師が東大合格者の学習塾が実践する、数の感覚が身につく計算トレーニングを紹介します。お子さん一人の力でも、じっくりと試行錯誤すればわかる問題です。保護者の方々はまず「やってみよう!」と促し、解けたタイミングで褒めてあげましょう。自力で解いたという達成感が、勉強を楽しいと思える「東大脳」を育てます。

 

メニューの中(なか)から3つえらび、数(かず)の和(わ)が100になるようにしてください【図表1】。

 

【図表1】数の和が100になるよう、3つえらんでください。答えは【図表2】⇒

 

答えは【図表2】。

 

【図表2】答え ※順不同

 

【ほかの問題にちょうせんする】

 

※本連載は、「本郷東大・文の会」代表の田中としかね氏、本郷東大・文の会の小田 敏弘氏の共著『東大・文の会式 東大脳さんすうドリル 計算編』より一部を抜粋・編集したものです。

 

 

田中 としかね

東大・文の会 代表

 

小田 敏弘

東大・文の会

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

東大・文の会式 東大脳さんすうドリル 計算編

東大・文の会式 東大脳さんすうドリル 計算編

田中 としかね
小田 敏弘

幻冬舎

パズルとゲームで遊ぶうちに、自然と計算に強くなる! 全講師が東大合格者の学習塾が実践する、毎日やる気が続く計算トレーニング。 全講師が東大合格者の算数教室「本郷東大・文の会」の授業で実際に使われている算数教…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧