著者紹介

小田 敏弘

数理学習研究所 所長

灘中学・高等学校、東京大学教育学部総合教育科学科卒。

小学校時代、算数オリンピック2大会連続でファイナルに出場。中学校時代には、広中杯全国中学生数学大会にも2大会連続でファイナルに出場し、6位入賞する。

大学卒業後は、個々のニーズにあわせた算数・数学の学習のサポートをするため、数理学習研究所を立ち上げ、様々な活動を展開している。小学生~大人まで幅広い層を対象とした算数・数学指導、講演、イベント、教材開発、本やコラムの執筆、数学本の校正など。
著書に「本当の算数力」「本当はすごい小学算数」(日本実業出版社)などがある。

書籍

東大・文の会式 東大脳さんすうドリル 計算編

『東大・文の会式 東大脳さんすうドリル 計算編』

田中 としかね
小田 敏弘

パズルとゲームで遊ぶうちに、自然と計算に強くなる! 全講師が東大合格者の学習塾が実践する、毎日やる気が続く計算トレーニング。 全講師が東大合格者の算数教室「本郷東大・文の会」の授業で実際に使われている算数教材「東大脳プリント」を原案としたゲーム式の算数ドリルです。 ◆1~2桁の足し算・引き算がたくさんできる パズル、迷路、ぬりえなどのゲームを楽しみながら、算数力の土台となる計算力が自然と鍛えられます。 一見むずかしくても、粘り強く数字を書いたり、組み合わせたりして思考錯誤すれば解ける問題ばかり。「できた! よし、次!」と、自信をつけてどんどん新しい問題にチャレンジできます。 *毎日やっても飽きない! いろんなタイプの問題を250題以上掲載 *「解けた!」達成感を高める「東大脳シール」付き ●“東大脳”とは? 「本郷東大・文の会」では、「勉強を楽しいと思える頭」を“東大脳”と呼んでいます。 そして、学力をぐんぐん伸ばすことのできる子どもたちが持つ共通の感覚=自己肯定感が芽生えることを「東大脳が作動している」と考えます。 子どもたちが自分の「東大脳が作動する瞬間」を存分に体験できる一冊。 ※本書は2013年3月発行『「パズル」と「ゲーム」で頭のいい子になる! 東大文の会式 東大脳さんすうドリル』を大幅に加筆、再編集したものです。

書籍紹介

掲載記事

[連載]東大・文の会式 東大脳さんすうドリル 計算編

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧