急増する思春期・成人期ADHD…10項目の簡易診断チェック

本記事では筑波こどものこころクリニック院長/小児科医の鈴木直光氏の書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」についてひも解いていきます。

思春期・成人期ADHDの簡易補助診断チェックリスト

新書版が出てから4年が経ち、少しずつですが発達障がいの診断に変化が見られています。DSM-5という新たな診断基準が世に出て定着してきたのです。成人向けADHDの例文が追記されるなど配慮があり、成人のADHDも診断されるケースが増えてきました。

 

何よりも「何々障害」という言葉がなくなり、「何々症」という言葉になったのです。「発達障害」という言葉も「神経発達症」になりましたが、未だに世間では「発達障害」という言葉だけは残っています。せめて「発達障がい」にして欲しいものです。

 

ただ、「神経発達症」という言葉は、まだ一般的には広く馴染(なじ)んでいないため、ここでは本の題名も含めて「発達障がい」という言葉を用いることとします。

 

つい先日のことですが、2020年開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックに先んじて障害者スポーツ団体から障害者スポーツの「害」の字を考慮して欲しいと漸(ようや)く国に打診がありました。少しずつですが「害」という字が日本から消えていく兆候が見られています。

 

言葉や字の問題だけではありません。

 

発達障がいに関しては、まだまだ現場の医師(小児科医や精神科医)が容易に診断できるには程遠い現実があります。診断できなければ当然治療もできません。

 

そこで筆者は2018年、医師向けの精神科雑誌に「思春期および成人期ADHDの簡易補助診断チェックリスト」を投稿し掲載(月刊「精神科」32(4):385-394, 2018)されました。まずは診断が容易にできることこそが重要だと考えたのです。私のクリニックで用いている、「思春期ADHDチェックリスト」を[図表1][図表2]、「成人期ADHDチェックリスト」を[図表3][図表4]として載せました。

 

[図表1]思春期ADHDチェックリスト(1)

 

[図表2]思春期ADHDチェックリスト(2)

 

[図表3]成人期ADHDチェックリスト(1)

 

[図表4]成人期ADHDチェックリスト(4)

 

○が2点、△が1点、×が0点で〈不注意〉〈多動・衝動性〉です。それぞれにおいて合計点を出し、各々11点以上あれば各々のタイプのADHDの可能性が高く、両方とも11点以上あれば混合型ADHDの可能性が高いことになります。

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧