日本屈指の商店街「品川・戸越銀座」…実は地震リスクが心配?

人口減少の局面になり、厳しさが増す不動産投資。今後、どこが投資エリアとして有望なのでしょうか。不動産投資には欠かせない要素である「人口」や「不動産取引の現状」などをもとに検討していきます。今回紹介するのは、品川区「戸越銀座」。

外国人観光客からも人気!日本屈指の商店街

「戸越銀座」は、東京都品川区中部にある、東急電鉄池上線の駅です。2016年、駅舎が90年ぶりにリニューアルされ木造の駅となり、大きな話題になりました。

 

------------------------------------------------------------------------
[PR]資産形成の最適解「新築アパート経営」の特集を読む
入居率99%をずっと続ける!人生100年時代の「新築アパート経営」

------------------------------------------------------------------------

 

その名の通り、関東屈指の規模を誇る「戸越銀座商店街」の最寄り駅。戸越銀座は「戸越銀座商栄会商店街」「戸越銀座商店街」「戸越銀座銀六商店街」の3つの商店街からなり、全長1.3キロに400近い店が並びます。全国各地にある「XX銀座」の第1号としても知られています。

 

近年は外国人観光客からも人気の戸越銀座ですが、商店街として頭ひとつ抜けたカタチになったきっかけは「コロッケ」。街おこしの一環として、商店街のさまざまな店が「戸越銀座コロッケ」を販売するようになると、食べ歩きの楽しい商店街としてメディアでも取り上げられるようになり、休日になると多くの来街客でにぎわうようになったのです。

 

さらに商店街から一本路地に入ると、隠れ家的なおしゃれな店が点在。商店街ばかりがクローズアップされがちですが、実は路地裏が楽しい街としてもメディアで取り上げられ、洗練された大人の集うエリアとして注目されるようになりました。

 

そして「戸越温泉」。2007年にニューアルされた、モダンなスパのような外観の温泉銭湯で、美人の湯として知られる漆黒の黒湯が楽しめます。今では数少ない銭湯絵師による富士山壁画など、見どころも。料金も銭湯価格で、観光客からも人気のスポットです。

 

また戸越銀座だけでなく、武蔵小山や中延、五反田なども生活圏内。昔からの商店街が多いことから物価も安く、近隣に戸越公園、さらに歩けば目黒川と生活環境も抜群なことから、住みやすい街の代表格として、人気も上昇しています。

 

戸越銀座商店街/PIXTA
戸越銀座商店街/PIXTA

 

■実は複数駅が使える、交通利便性の高いエリア

「戸越銀座」は東急電鉄池上線で「五反田」まで2駅4分。山手線に乗り換えて「渋谷」18分、「新宿」25分、「品川」17分と、都内主要エリアは30分圏内。さらに徒歩約20分圏内に都営地下鉄浅草線「戸越」、東急電鉄大井町線「戸越公園」、東急電鉄目黒線「武蔵小山」、JR山手線等の「大崎」と複数駅があります。戸越銀座はさまざまな街にダイレクトに繋がれる、交通至便なエリアです。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]不動産投資、いきなり始めるのはあまりに危険!
年収500万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>
年収800万円会社員向け、不動産投資を始める前に受けるべき相談会 詳細はこちら>>>

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載データから街の未来図を紐解く…不動産投資エリア考察

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧