心肺蘇生は苦痛…老衰した高齢者の急変「救急車を呼ぶべきか」

誰しも、息を引き取るときは穏やかに逝きたいもの。健康寿命は伸びず、平均寿命だけが延びていく日本国民にとっては切実な問題です。終末期を安心できる自宅で過ごし、苦痛を最小限に抑えつつ自然な最期を迎えるには、どうすればよいのでしょうか。※本記事は『大切な親を家で看取るラクゆる介護』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。

苦しいだけの延命治療、無用な救急搬送は避ける

在宅医療を始められた高齢者では、病院で何度か入退院を繰り返し、「もう病院の治療はいいから家にいたい」という人や、がんの患者さんでいわゆる終末期になり、残りの人生を家で過ごしたい、という人も多いと思います。

 

そういう場合、在宅医から「DNAR(心肺蘇生を試みない)」について提案があったときは、早めに検討されておくといいでしょう。

 

DNARとは、心肺蘇生を行わないことです。DNRと言われることもありますが、要するに高齢者の心臓や呼吸が止まったときに、心臓マッサージや人工呼吸などの心肺蘇生を行わないという本人やご家族の意思を示すものです。

 

ご家族にとっては、DNARに同意を求められると、医師からもう治療はしないという最後通牒を突き付けられたように感じ、ショックを受けられる方もいます。しかし実は、高齢者本人が亡くなる直前に苦しむことなく、静かに命を終えるためにはDNARは必要なものです。

 

私はご家族にも「心肺蘇生はどうしてすると思いますか?」とよく話をしています。病院で行っている心肺蘇生には2つの目的があります。一つは、治療をすれば回復する人の命を救うことです。

 

そしてもう一つは、いってみれば一種の儀式です。急変を知って家族が駆け付けたときに、医師が必死に心臓マッサージをしていて「やれることはしましたが、力及ばず…」と言えば、家族も納得して死を受け入れられる。そのために心肺蘇生をするふり、演技をしている医師も実際にいます。

 

医師も、衰弱の進んだ高齢者に心肺蘇生を施したところで助からないだろうということは大体わかっています。それでも家族を死に目に会わせるとか、やれることはしたということを示すために、心臓マッサージをしているケースも少なくないのです。

 

そんな儀式は亡くなっていく当人にとってはただ苦しいだけですし、私も高齢者の立場であれば、死ぬ間際になぜそんな苦痛を与えられなければいけないのかと腹立たしく思います。医療としても無駄なことなのですから、やめたほうがいいのです。

高齢者が「急変」した場合、救急車より在宅医を呼ぶ

そもそも心肺蘇生は、呼吸や心臓が止まるはずがない状態の人が、そうなってしまったという急変時に、命を救うために行うものです。

 

それに対して、加齢や病気によって衰えが進んでいる高齢者は日々全身の機能が落ちつつあるのですから、いつ心停止や呼吸停止が起きても不思議はない状態です。

 

そういう意味では、高齢者が急に意識がなくなったとか呼吸が止まったといっても、それは「急変」ではありません。どうか落ち着いて、在宅医に連絡をしてください。

 

慌てて救急車を呼ぶことで、かえって苦しめることも(※写真はイメージです/PIXTA)
慌てて救急車を呼ぶことで、かえって苦しめることも(※写真はイメージです/PIXTA)

 

在宅医とDNARの同意書を交わしていても、異変に気付いた家族が慌てて救急車を呼んでしまうと、搬送先の病院で心肺蘇生が行われることが多々あります。また自宅を訪問したホームヘルパーが意識のない高齢者に気付き、救急車を呼んでしまう例も少なくありません。

 

DNARに同意をして、最期は自然に穏やかに逝かせてあげたいと思われたなら、介護スタッフも含め、高齢者に関わる人たち全員でその情報を共有しておきましょう。

 

 

井上 雅樹

医療法人翔樹会 井上内科クリニック 院長

医療法人翔樹会 井上内科クリニック 院長

1972年、東京大学に入学後、医学を志し1976年に名古屋大学に再入学。1982年、名古屋大学医学部卒業。袋井市民病院、中津川市民病院に勤務ののち、市立四日市病院、臨港病院等で消化器科部長を歴任。1996年に井上内科クリニックを開院、同時に在宅医療をスタート。

2001年からは地域に根ざした医療・介護の担い手として「デイサービスセンターほほえみ(現・デイケアほほえみ)」の運営に着手し、2020年現在、同グループは訪問看護ステーション、住宅型有料老人ホーム等14事業所を手がける。

クリニックおよびグループ全体で「『その人らしく』を最後まで」を理念に、患者と家族の在宅生活・在宅介護のサポートを続けており、在宅での看取り実績は累計1,000人以上。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

大切な親を家で看取るラクゆる介護

大切な親を家で看取るラクゆる介護

井上 雅樹

幻冬舎メディアコンサルティング

介護保険制度が始まって20年近くが経ち、「在宅医療・介護」「在宅看取り」という言葉は以前より知られるようになっています。 しかし実際は、高齢者の希望をくんで在宅介護を始めたものの、家族のほうが疲弊してしまい、在…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧