医療崩壊の元凶はコレだ…思わず苦笑「お役所あるある」とは

新型コロナウイルスの猛威は衰えを知らず、第2波、第3波の到来も危惧される状況が続く。この時勢、パンデミック客船「ダイヤモンド・プリンセス」の実態を告発した神戸大学医学部附属病院感染症内科・岩田健太郎教授が提言する「病の存在」は、まさに今議論されるべき事柄と言えるだろう。本連載は、岩田健太郎氏の著書『感染症は実在しない』(集英社インターナショナル)から一部を抜粋した原稿です。

その昔、鳥インフルエンザは人間に感染しないとされた

ちまたを騒がせている(編集部注:2009年当時)新型インフルエンザについても考えてみましょう。この新型インフルエンザも実在しません。そのことを、これから説明しようと思います。

 

鳥インフルエンザという病気があります。インフルエンザウイルスというのはたくさん種類があり、実はいろいろな動物に感染を起こすことがわかっています。鳥さん、豚さん、馬さん、それに何と鯨さんにもインフルエンザウイルスは感染するのだそうです。一部のインフルエンザウイルスは複数の動物にまたがって感染しますが、多くの場合は動物特異性があって、その動物以外には感染しづらいことになっています。

 

で、鳥に感染するインフルエンザウイルスを鳥インフルエンザウイルス、そしてそれが病気を起こすと鳥インフルエンザという病気。まあ、このように呼んでいるのですが、このウイルスは人間には病気を起こさないと考えられていました。

 

ところが、1997年に香港で 18 人が鳥インフルエンザウイルスに感染し、そのうち 6 人が死亡してしまうという事態が起きたのです。従来ではあり得ないと思っていた鳥インフルエンザウイルスの人への感染が確認されたのでした。

マニュアル作成に明け暮れる日本のお役所仕事

日本には感染症法という法律があります。これは、感染症という「こと」を「もの」と認識して作った悪法です。実際には「もの」でないものを無理矢理「もの」として認識するから、いろいろ困ったことになるのです。

 

例えば、新型インフルエンザは感染症法で、「全例」について感染症指定病院に患者を入院させなければいけないと定められていました(実は、本当はそうではないのかもしれないの ですが、そのように扱われていました)。患者さんが軽症であろうと重症であろうと、ぴんぴんしていようと死にそうになっていようと関係ありません。私たち医者としては患者さんが元気かどうか、死にそうになっていないか、つまり「現象」が関心事なのですが、日本のお役人は実在しない感染症を「もの」として認識するから、こんなとんちんかんな法律を作るのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

新型インフルエンザは、専門的にはH 5 N 1 と呼ばれるタイプのインフルエンザの変異体を想定していました。そこで、H 5 N 1 インフルエンザウイルスに対するワクチンを一所懸命に作ったり、タミフルのような薬を備蓄したりしてきたのでした。そして、新型インフルエンザの患者にはこのように対策をしましょう、と国や自治体は一所懸命ガイドラインやマニュアルを制定したのです。

再現性のない日本の感染対策

ところが、2008年の段階で、すでにヨーロッパやアメリカではパンデミックフルーは現象であって「もの」ではないという認識をしていました。で、彼らの結論は「H 5 N 1だけが大流行を起こすとは限らないじゃないか。他のインフルエンザウイルスが流行するかもしれないし、もしかしたらインフルエンザウイルスじゃないウイルスが呼吸器感染症を起こして流行させるかもしれない。そういえば、数年前にSARSという感染症が流行ったじゃないか」と考えました。

 

だから、「H 5 N 1」という「もの」ではなく、「大流行」という「こと」に注目し、対応することにしたのです。したがって、咳をしていて熱が出ていて、他人に感染させて死にそうになっている患者さんがいれば対策は原則同じです。それがH 5 N 1 による感染症であっても、他のインフルエンザウイルスによる感染症であっても、あるいは別の病原体による感染症であってもほとんど同じようなプロトコルで対策をとるのです。逆に、どの病原体が原因の感染症であっても軽症であれば入院させる必要もないのです。

 

しかし、日本では新型インフルエンザは実在している「もの」と考えていたので、そのような対応はとれません。

神戸大学病院感染症内科 教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学)卒業。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院を経て、2008年より神戸大学。神戸大学都市安全研究センター医療リスクマネジメント分野および医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授。神戸大学病院感染症内科診療科長。著書に『「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門』(光文社新書)、『感染症は実在しない』(インターナショナル新書)、『ぼくが見つけたいじめを克服する方法』(光文社新書)など多数。

著者紹介

連載「コロナは実在するのか」…感染症の第一人者が語る「病の存在論」

感染症は実在しない

感染症は実在しない

岩田 健太郎

集英社インターナショナル

インフルエンザは実在しない!生活習慣病も、がんも実在しない!新型コロナウイルスに汚染されたクルーズ船の実態を告発した、感染症学の第一人者が語る「病の存在論」。検査やデータにこだわるがあまり、人を治すことを忘れてし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧