健康に過ごすための条件は何でしょうか。十分な栄養や休息、適度な運動、ストレスをためないこと…様々なことが考えられます。中でも「食事」は自分の体を作るものですから、特に重視したいところです。大事なのは、「何をどのように食べるか」です。※本記事は、アミーズ歯科クリニック理事長である酒井暁美氏の著書『美容歯科医がこっそり教える ほんとうのきれいをつくる方法』より一部を抜粋・編集したものです。

デトックス効果の高い食品とは?歯科医の食習慣を紹介

【朝食】

 

朝食を食べる習慣のない方、けっこういらっしゃいますね。夜遅く食べてしまった方、お腹がすかなければ食べる必要がないと思います。

 

朝目覚めて「お腹すいた」と思うのがベストですね。そんなとき、私は朝食に必ず発酵食品をとります。朝食は、その日一日をエネルギッシュに過ごすためにも、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促してお通じをスムーズにするためにも、とても大切なものだからです。

 

納豆をよくいただきます。中年以降の女性に不足しがちなイソフラボン(大豆たんぱくに含まれる物質)が摂れますし、腸内環境を整えてくれる作用もあります。納豆にアボカドを刻んだものやシラス、のりなどを混ぜていただくのが私流です。

 

薄味が好きで、なるべく塩分を控えたいと思っているので、納豆についてくるタレは不純物も入っているので使いません。

 

私自身、外食以外はなるべく炭水化物を摂らないようにしているので、朝食の際、ご飯やパンを食べるにしても、ほんの少しにしています。

 

朝たくさん召し上がっても、摂取したカロリーはその日の活動で消費されてしまうので、あまり神経質にならなくてもいいと思います。しかしながらファスティングの際には、朝食をとってはいけません。

 

【昼食】

 

お昼には火を通したものゆでたもの、電子レンジを使った野菜をたくさん取ります。揚げものや既成食品、ハンバーグや、シュウマイ、練り物などは、普段は食べないようにします。カロリーが少ないものをお腹いっぱい食べます。前の日の夕食に使ったお野菜を温野菜にしていただきます。

 

1回に食べる量はかなり多めです。ニンジン1本にピーマン1袋をペロリ、ということもざらにあります。

 

食べるとき、ドレッシングを使うと、野菜本来の味がわからなくなってしまいます。私は「そのままの味」を楽しみたいので何もかけません。

 

ドレッシングがないと野菜が食べられないという方もいらっしゃることでしょう。そのような方には、添加物の多い市販のドレッシングではなく、エクストラバージンオリーブオイル、お酢、バルサミコ酢など簡単にまぜて手作りすることをおすすめします。

次ページ仕事中の飲み物は「ダシ」?

あなたにオススメのセミナー

    美容歯科医がこっそり教える ほんとうのきれいをつくる方法

    美容歯科医がこっそり教える ほんとうのきれいをつくる方法

    酒井 暁美

    幻冬舎メディアコンサルティング

    「口の中」から始める、本当のキレイの作り方 「自分の顔が気に入らない・・・美容整形に行こうかしら」 その悩み、ちょっと待って! 美容歯科で解決できます。 女性歯科医がこっそり教える、「口の中」から始める美人の…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ